Weblog

SWSスカイレイダーカットモデル製作メモ その3

ご機嫌いかがですか TAKEです。

スカイレイダーカットモデル製作メモ 今回で3回目となりますが、
今回初めてご覧になられた方は、「カットモデルの説明と違うやんか」と思われるかも知れません。
2月末にアップしました 「その1」で胴体のカット作業を紹介していますので、是非ともその1から順番にご覧になってください!!

カットモデルに限らず、A−1Hスカイレイダーのディティールアップの作例としてこれから製作される方、製作途中の方に少しでもお役に立つことが出来れば幸いです。

組立の詳細はキットに付属の組立説明書「ZATOPS Modeling Manual」
それと、好評発売中の
「造形村コンセプトノートSWS No.3A-1Hスカイレイダー U.S.NAVY」
もご覧になって下さい。

では、前回に続いてエンジンのディティールアップ編です。
今回はプラグコードの配線をご紹介いたします。

プラグコード配管の追加工作

B-12ギアハウジングから切り落としたプラグコード配管の径を小さなのに作り替えました。


配管のリング状になる部分にちょうどいいものは無いかと探したら・・・!?
「ファレフォカラー」のキャップがぴったりでした♪
直径1.5ミリのアルミ線をキャップにぐるりと巻きます。



はずすとこんな具合です。


重なったところをカットします。


綺麗なリングになりました。


リングに0.5ミリ穴を36個あけます。深さは0.3ミリ位です。
そこに6号テグスを長めに切ってプラグコードとして瞬間接着剤で接着します。



プッシュロッドの黒とコントラストをつけるために、テグスをベージュ系に塗りました が・・・・・


さて、シリンダーに差し込もうとしたら・・ペリペリと色が剥がれてしまいました。
あちゃー! 
製作途中にはいろいろアクシデントもあります。 (私はしょっちゅうです)
いかにリカバーするかも模型製作の面白いところではないでしょうか。  
ゴルフで例えるとバンカーとか池ポチャみたいなもんです。 
なかなか抜け出せなくなったりしますもんねぇー 


★今回みたいなアクシデントも包み隠さずお見せして、リカバー方法もご紹介します。


下地にプライマーを塗って再塗装するか全部剥がすかの選択ですが、
綺麗に塗料を剥がせたので、テグスの黒のままで行くことにしました。

先に開けておいたシリンダーのプラグ穴にコードを差し込みます。
前のシリンダー前方、後方、後ろのシリンダー前方、後方と順番に差し込んでいきます。
アルミ線とテグスの接着部分はまったく外れることなくスムーズに作業できました。



ライトR3350エンジン完成!! かっこいい〜!!


タフガイの心臓!! 
強靭なパワーを誇る「ライトR3350エンジン」
 
シリンダーの冷却フィンのモールドは勿論、複雑な吸気、排気管の構造までも細やかに再現されていて、オイルスモークを本当に吹きだしそうな迫力です!!

そうそう! オイルスモークで思い出しました!
仕上げにオイル染みの表現に、ウエット感のある汚しをしておかないとイケマセン!



いかがですか?
エンジンまで出来てくると気分はもう ワクワク ウキウキ♪♪
毎晩製作机に向かうのが待ち遠しくて仕方ありませんねぇー

次回は主翼上面のカットと翼関係のディティールアップとして「放電策」の工作をご紹介いたします。

製作に付いてのご質問などありましたら「コメントする」までお願いいたします!!
お待ちしています!!

では、またお会いしましょう!!
アディオス!!

1/32 スカイレイダー関連 : comments (0) : trackback (x)

SWSスカイレイダーカットモデル製作メモ その2

ハイ!みなさま ご機嫌いかがですか?
TAKEです。 花粉症で目のかゆみがたまらない今日この頃です。

SWSスカイレイダーカットモデル製作メモ 2回目です!

今回はエンジンのディティールアップのご紹介をいたします。

・排気管の穴を拡げる加工
・プラグコードの配線
この2つを行いました。
今回は排気管の穴を拡げる加工を取り上げていきます。

尚、現在はスーパーウイングオプションズの、エデュアルド製エッチングパーツ 「フュースレイジ&エンジンセット」が発売されていますので、
もっとお手軽にディティールアップすることが出来ますので、ぜひお使いになってみて下さい。

エンジンを組みながら下準備します。

接着したシリンダーブロック前後をフラットシルバーで塗装します。
各吸排気管はパーティングラインを消してから下地としてシルバー塗装しておきます。
吸排気管はランナーのまま塗装しました。
シリンダー冷却フィンのスミ入れはこの時点で入れておきます。
モールドがしっかりしていますので、グレー系の薄めで十分だと思います。


シリンダーヘッドのプラグ取付け部の凸部をカッターでおとします。


プラグコードを通す穴を0.5ミリドリルであけます。 シリンダー前後ともあけます。

 

説明書14ページ      
B-12ギアハウジングのプラグコード配管を作り換えてみました。リングを切り落とします。
説明書の順番と違い、吸排気管を取付けてから工作します。(15ページの作業終了後です)

※エッチングパーツの配線を使用する方もこのように順番を変えたほうが工作しやすいと思います。

★プラグコードは排気管を取付けてから配線しますので、後ほど説明します。


さあ!排気管のディティールアップ
排気口の穴をドリルで拡げ、パイプらしく見せるように工作します。
雰囲気がグンと変わりますので、ぜひともやっておきましょう!!


まず、1ミリドリルで下穴をあけてガイドにします。 
センターを定め、慎重にあけます。


仕上げ穴は、1.7ミリ径がギリギリサイズでいい感じ!! 
むしらないように軽く回して穴を拡げます。


ビフォア&アフター! どうです?いいでしょう?


排気管はランナーから切り離すと何番か分かりにくいので接着する2つのパーツ番号を
クリップに書いておくとすぐに確認できて組付けの時に便利!

吸排気管の塗装

ウッドブラウン+タンとブラックのグラデーションをかけて、焼けた感じを出しました。
フラットベースをやや多めに入れて完全なつや消しにしておきましょう! 
下地に吹いたシルバーが少し見えるようにムラになるように吹いていきます。
いい感じになりました!!


吸排気管の取付け 説明書15ページ



吸気中間パイプ(C-13)は説明書どおり9本まとめて接着しましたが、斜めに付ける排気中間パイプ(C-18)と排気管は、1ブロックごとにまとめて組んで行くと中間パイプの角度決めがしやすくなります。

吸排気管取付け完了!

排気管の穴を拡げてよりリアルになりました!!  いかがですか?

さすが1/32スケールだけあって、大迫力です!! 

エンジンだけ眺めていても酒の肴になりますねぇ〜

次回は残りの「プラグコードの配線」をご紹介いたします!

少しでもSWS製作のヒントになればと思い、カットモデルと言う製作の一例を
このブログに掲載させていただいていますが、ジオラマ、カラーリング、
SFチックな改造、痛機等などSWSを使った楽しみ方は無限大にあります!

さあ 皆さんもいろんなアイデアでSWSを楽しんでください!! 

この製作メモをご覧になっての、ご質問などがございましたら「コメントする」へ投稿をお願いいたします。

お待ちしています!! 

ではまたお会いいたしましょう!! アディオス!!

1/32 スカイレイダー関連 : comments (2) : trackback (x)

スカイレイダーカットモデル製作メモ。(その1)


造形村SWS第三弾「A-1H スカイレイダー 海軍型」について詳しくは↑コチラ!


はじめまして、私はTAKEと申します。

世界中のモデラーさんが待ち焦がれていたSWS第三弾 「A-1H スカイレイダー海軍型」を皆さんはもう手にされていますか?
 

「魔法の素材プラスチックを使って本物の飛行機を再現する」

というコンセプトのもとに、第一弾「震電」 第二弾「Ta152H-1」そしてこの「A-1Hスカイレイダー」 いずれも「本物の飛行機」を再現されているので、コックピットはもとよりエンジン、機体内部までも緻密に再現されていて、組み立ててしまうと見えなくなってしまうのが勿体ない気がしました。
 
第一弾「震電」を作り始めたときにちょうど「震電コン」開催の告知があり、「間に合うように完成させよう!」「作るなら何かインパクトのあるものにしたいなぁ〜」と考えたのがカットモデルでした。

「うん、これやったら完成後も内部が見られる!ええなぁ〜」

第二弾の「タンクコン」も同じようにカットモデルを出品しました。しかも「ケッテンクラート」も一緒にカットモデルで!

カットモデルも2作品作っていくうちに、次ではここも再現したい、あれも、これもやりたいとイメージがどんどん膨らんできます。

そんな思いを込めてこの「A-1H スカイレイダー」を製作しました。

カットモデルの製作方法だけでなく、簡単なディティールアップや造形村のオプションパーツを使っていくところをご紹介していこうと思っていますので、どうかしばらくお付き合い下さい!



(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (0) : trackback (x)

造形村SWS第三弾「A-1H スカイレイダー 海軍型」関連のお知らせです。


世界初1/32スケールでお届けする空飛ぶタフガイ「A-1H スカイレイダー 海軍型」はもう手に取っていただけましたか?ご購入をご検討中の方はコチラを今すぐクリック♪


皆さんこんばんは!
世界中のSWSファンの皆様からスカイレイダー関連の熱いメッセージをいただいて大感激な開発者Tです!

このたびようやく世界中の皆様のお手元にお届けできました「スカイレイダー」ですが、世界初衝撃の1/32スケールで実機の構造を再現した「新しいスケールモデルの世界」を皆様はもう体験されましたでしょうか?

これからもSWSは「スケールモデルとは何ぞや?」を命題に、常に本物の飛行機の再現に挑戦し続けたいと思いますので、引き続き応援お願いしますね♪



(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (0) : trackback (x)

スカイレイダーの主翼の組立でお困りではありませんか?


スカイレイダー組立ワンポイントアドバイスPDFのダウンロードは↑コチラ!


皆さんこんばんは!
スカイレイダー攻略本が無事入稿した後も引き続き攻略中の開発者Tです!><

さて、おかげさまでニュルンベルクトイフェアやIPMSに参加してきたことでSWSが世界中で注目されるようになってまいりました!ありがとうございます!

その結果、毎日のように国内外問わずたくさんの熱いメッセージが届くようにもなりました♪本当にありがとうございます!

そこで!

せっかくファンの皆様からいただいたご意見・ご要望には全力でお応えしたいということで、一番お問い合わせの多かったスカイレイダーの主翼部分の工作についてのワンポイントアドバイスを公開しちゃいます♪

今回SWS初の可動機構を内蔵したモデルということで、「初心者でもきちんと組めますか?」「主翼を展張した時にきれいにまっすぐ決まりますか?」というお問い合わせをいただくこともしばしば。

説明書の組立工程をさらに見やすく補足説明させていただいたPDFファイルを作成しましたので、どうしてもうまくいかないという方はぜひ↑上記バナーをクリックしてダウンロードしてみてくださいね♪

また、お近くにボークスショールーム&ホビースクエア®がある場合には、いつでもお気軽に店頭までお越しくださいませ♪

ホビー大好きのプロスタッフが、親切丁寧に皆様のお手伝いをさせていただきますので、ぜひ最後まであきらめずに完成させてみてくださいね♪

それでは、「あなたのスカイレイダー」の完成を楽しみにしております!^^ノシ





【スカイレイダー攻略本も大好評予約受付中!】


↑ご予約は今すぐコチラをクリック♪

1/32 スカイレイダー関連 : comments (0) : trackback (x)

社長ブログ最新版「スカイレイダー編第10話」掲載!


↑造形村SWS開発総司令官「オヤジ」こと重田社長の「オヤジブログ」最新版公開中!


皆さんこんばんは!
またしても知らぬ間に爆弾発言社長ブログが公開されてて驚きの開発者Tです!

今回は特に「オヤジ」暴走中?!



■社長ブログ最新版はコチラ→ クリック!



まずは一度ご覧くださいませ♪



(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (0) : trackback (x)

スカイレイダー攻略本ただ今絶賛編集中!


今回もカッコイイグラビア満載で徹底攻略いたします!


皆さんこんにちは!
攻略すればするほどますますスカイレイダーにぞっこん(死語?)な開発者Tです!

さて、「造形村コンセプトノート SWS No.III A-1H スカイレイダー」(スカイレイダー攻略本)は現在11月末〜12月にかけて発艦発刊できるよう日々攻略中ですが、震電やTa152の攻略本はすでにご覧いただけましたでしょうか?

実は、なにげに震電&Ta152攻略本はお試し版をWebサイトに掲載しております.

私たち造形村SWS開発陣がどのような思いや願いを込めてSWSキットを開発しているかを、
ぜひそちらで一度ご覧になっていただければと思います!




(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (4) : trackback (x)

スカイレイダー店頭販売開始&社長ブログ最新版公開!


いよいよ「あなたのスカイレイダー」がお届け開始!詳しくは↑コチラをクリック♪


皆さんこんばんは!
「空飛ぶタフガイ」を絶賛攻略中の開発者Tです!

今月はしょっぱなから「ホビーラウンド6」があり、その翌週の先週末には大阪でのキャラグミン教室お手伝いと、まさに東奔西走なTでございますが、そうこうしている間に先週末よりついにスカイレイダーの一般店頭販売が開始されました♪(≧▽≦)

スカイレイダーは造形村SWS第三弾ということもあり、ようやく私達がSWSでやりたかったことが明確に具現化されてきたと思います。

その証拠に、「オヤジブログ」こと造形村社長ブログで公開されている通り特に海外においては大好評で、LSPを始めとする主要な模型掲示板などで「ZM」(発音は「ズィーエム」だそうです)と慣れ親しまれているほど「SWS」は新しいスケールモデルの「風」として認知されてきているようです。



↑「オヤジブログ」最新版が公開されました!詳しくはコチラ!



(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (0) : trackback (x)

スカイレイダーお届け開始です♪


いよいよ本日(9/30)からお届け開始です!詳しくは↑コチラ!


皆さんこんにちは!
ようやくスカイレイダーがお届け開始となってひと安心な開発者Tです!

さて、早くも「届きました!」というご連絡をお客様からいただいております!

そこで皆さんにご確認いただきたいことがございます♪

ご予約された商品が届きましたら、ご予約されたセット内容と、実際に届いた予約特典が合っているかどうかご確認いただきますようお願い申し上げます。m(_ _)m



(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (6) : trackback (x)

「スカイレイダー」いよいよ明日(9/30)からお届け開始!


いよいよ明日(9/30)からお届け開始です!詳しくは↑コチラ!


皆さんこんばんは!
いよいよお届け直前!ちょっと緊張している開発者Tです!

さらに、今週末10/2(日)「ホビーラウンド6」会場(都産貿)にて、SWS大例会第二回東京大会が開催ということで、今からどんなネタを持ち込もうかドキドキワクワクです♪(≧▽≦)

そこで、今回残念ながら開発の遅れによりお持ち込みできないエデュアルド製エッチングパーツについて、先行してちょっとだけご紹介しちゃおうと思います!



(・・・続きを読む)

1/32 スカイレイダー関連 : comments (2) : trackback (x)

株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。