Weblog

震電コン。(HS京都編:その4)



皆さんおはようございます!開発者Tです!
なんかまた寒くなってあちこちで雪みたいですが、寒さに負けずがんばりましょう♪

それでは、ホビスク京都持ち込み分のラストとなります、情景部門とグレードアップ部門を一気にいっちゃいましょう!^^


まずは情景部門、M本様の作品から!



「震電の鼓動」(製作者:M本様)




フィギュアや小物の配置が冴えてます♪


いや〜この短期間でよくやりましたね!!

ちゃんと特典フィギュアも活かしてくれてますし、狭い空間にあなただけのストーリーがぎっしりと詰め込まれていますね。まさに兵士たちの息遣いや震電の鼓動が今にも聞こえてきそうです!

しかも、ただのジオラマに終わらずモーターを仕込んでプロペラが回転するギミックまで?!これはもうさすがとしか言いようがないですね♪

なにげにモーターを仕込んでプロペラを回転させるというのは意外と誰もが思い付くし、結構いろんな展示会などでやられている作品を見かけますが、単なる最中キットなら比較的簡単にできますが、内部構造がみっしりと詰まったSWS震電でやろうとすると何かと工夫やらエンジンパーツを犠牲にしたりなどが必要になってきて、まず「やってやるぜ!」って気合いが必要そうですよね。(汗)

まさに特典パイロットフィギュアのような決意の表情で作品に取り組んでいただいたんだと思います。そんな覚悟を決めたM本様に最敬礼を贈りたいと思います!^^ゞビシッ

さらに、プロペラ可動などの派手な部分に目が行きがちですが、震電を整備中の小物やフィギュアたちもすっきりきっちり押さえていてとてもグーです。(^-^b

ジオラマというとベース作りからもういきなり大変そうですが、きちんとポイント(見せ場)を押さえて演出すればベース自体シンプルでも十分見ごたえが出るので、ぜひ特典フィギュアを幸運にも入手された方はお試しくださいね♪


さて、お次はグレードアップ部門です。

まずはO田様の作品から!



「我、愛機『震電』」(製作者:O田様)


よく見るとめちゃくちゃ手が加わってます!(驚)


特典フィギュアまで改造されてますね!(驚)


こちらは一見普通の海軍仕様で塗装されているかと思いきや、よ〜く近付いてみると表面全体にわたって凹凸が刻まれているんですよ!

恐らく実機写真や現存するレストア機(フライアブルに整備されたものではなく単に引き上げられて復元されたもの)を見たことある方ならお分かりかと思いますが、大戦機の日本機って機体表面が結構ベコベコなんですよね。

スケールモデル雑誌の作例などでもそれを表現しているものが多く見受けられたり、その際に造形村セラカンナが使われていたりします。(宣伝:笑)

O田様も当然造形村セラカンナを使ってくださったとは思いますが(冗談です、すいません;;)、とにかく機体全体にこの表現を入れるのはかなり大変だと思います。

私も実家が東京なので靖国神社内の遊就館にある復元されたゼロ戦を何度か観に行ってるんですがやはりこんな感じでベコベコで、塗装表現も若干ツヤのある感じです。(当時の機体も半ツヤくらいだったのではないかと言われていますよね)

要するにこの作品はまさに「あたかも実機かのような」という感じなのです!^^

そしてアクセントに特典パイロットフィギュアを添えてあるわけですが、こちらもなにげに良く見ると…


抜刀してます!


つか、なんかこっちの方がカッコ良くないですか!?(@_@;

そんなわけで、いろいろと小ネタの仕込まれた手の込んだ作品でした♪


さて、最後を飾るのはたまに雑誌の作例でもお見かけする小林様の作品です!

※実名表記の許可をいただいております。



「震電 ロールアウト」(製作者:小林様)


エンジンやスーパーチャージャーのパイピングで精密度アップ!


開発段階で判明した斜めに懸架された機銃の奥には計器板裏の配線まで?!


冷却ファンを護る保護メッシュは金属メッシュに張り換えてあります!



銀震電の究極、メタル貼りフィニッシュキターーーーーーーーーーーー!!

全身に渡って貼られたメタルシール(ベアメタル社製、ホビスクで売ってます♪)がまさにロールアウトした瞬間を物語るかのような輝きを放ってます!^^

美しい…美しいぞ、我がブ○ドル軍団…って、なんだか最近口調が立川の店長さんみたいになってきてますが、とにかく金属特有の輝きが美しいです!

しかもこれパーツやパネルラインに沿って一枚一枚貼り込んで、湾曲した部分は指や麺棒などで均してシワを出さずに丁寧に仕上げていくんですよね。本当に根気勝負というか、何かの修行ですか?!みたいな大変な作業なんです。

しかも場所によって質感の違いを表すために違う素材のメタルシールを使ったり、磨く方向を変えてヘアラインの流れで違いを出したり、一部塗装で表現したりなど、随所に変化をつけて単調にならないよう工夫がされてるのがまたニクイですね♪^^

さらにこれがただのメタルシール貼り作品にとどまらないのが、あちこちに加えられたディティールアップの数々!

私たちがプラスチックという魔法の素材を活かして本物の飛行機をどこまで再現できるかに挑戦したように、こちらの作品は、その造形村SWSをさらにどこまで昇華できるかの限界に挑戦してくれたような仕上がりとなってます!

ほんと脱帽ものですよね♪

ちなみにベースの方もとても凝っているのですが、なにげにアクリル素材って加工がめちゃくちゃ大変なんですよね…。

外して展開されたカウルやエンジンが立体的に展示できるようにアクリルの板やブロックを加工されてるんですが、ここまでやるのはかなりの労力が必要だったんじゃないかと思います。

全てに渡って「匠の技」が盛り込まれた、とても素晴らしい作品だと思いますね♪


以上で、締切までにホビスク京都に持ち込まれた作品をご紹介させていただきましたが、こうしている間にも各店から続々と新たな作品が送られてきています。

それを今開発者Mが必死こいて展示や撮影をして審査に備えてますので、全体的な発表はもうしばらくお待ちくださいね♪^^



それでは、結果発表をお楽しみに〜!^^ノシ
震電コン : comments (2) : trackback (x)

この記事へのコメント:

皆さん凄いですね
自分もコンテスト参加してみたいけど自分の技量じゃとても無理ですね
想像力はいい線行ってると思うけど
ドラグノフさんURL10/Mar.2010 [Wed] 12:43/TzEkUG2
>ドラグノフ様

コメントありがとうございます!^^

確かにコンテストに出された皆さんの腕前はすごいですが、やはり参加することに意義があるというか、作ることに、参加することを楽しんでもらえれば全然問題ありませんよ!

かく言う私も塗装とか苦手ですし、でもファレホで筆塗りとかしてるととても楽しいです♪

なんといってもホビーの醍醐味は心の底から楽しめること、「人生の癒し」ということなんですから、その妄想力(笑)、あいや想像力をフルに発揮してキットにぶつけてみてはいかがでしょうか?そしてコンテストに参加しないまでも、ぜひ店頭にお持ち込みください!きっと同士たちにはあなたのそのアツい思いが伝わりますよ♪(^-^v
開発者TさんURL10/Mar.2010 [Wed] 14:40ViIG.KSU

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。