Weblog

「関西学生模型連盟」合同展示会行ってきました!(その3)

皆さんこんにちは、開発者Tです!

今回は陸モノを中心に見ていこうと思います。



戦車:全体その1

お〜〜〜っ、さすがにこれだけ並ぶと壮観ですね!今にも砂塵を巻き上げ爆進する履帯の音が聞こえてきそうです!(≧▽≦)




戦車:全体その2


それにしてもAFVは飛行機に比べてさらに渋くて暗めのトーンが全体的に漂ってますが、これがまたなんともシブカッコエエ!

雨風にさらされ、泥にまみれ、草木に隠れチャンスを伺い、勝機とあらば全速前進!

この「泥臭さ」をいかに嘘くさくなく自然にかっこ良く表現できるかが勝負なのかもしれませんね♪

その点で言えば、展示された作例のどれをとっても工作や塗装、汚し表現などによる実機の再現がとてもよくなされていて、目をつぶればあたかも自分がその過酷な戦地に立たされているかのような錯覚に陥ってしまうオーラのような何かが感じられました!



戦車:全体その3


ちなみに「AFV」って装甲戦闘車両全般を指すようですが、ソフトスキンのような戦闘車両は含まれないんですよね?恥ずかしながら造形村に来る前、単に趣味だけで模型作りをやっていた頃は戦闘車両は全てAFVだと思っていました。(^^;(←おい!)

単純に「あ、これかっこいい!」って感じで買って作って買って積んで…買うペースに作るペースが追いつかなくなったのはいつ頃からだろう…orz。(遠い目)

とにかくスケールモデルの中でも特に戦車とか戦闘車両などは型番とか分類がいろいろ難しくて記憶があいまいなんですが、でもよくよく考えると「A」が「装甲」部分ですよね?いろいろ勉強になります♪(←といいつつ、自信がなくてWikiで確認:笑)


あ!ついでなんですが、子供の頃は履帯のことをキャタピラキャタピラ言ってましたが、「キャタピラー」という単語がアメリカのキャタピラー社の登録商標らしく、日本では一般用法的には「無限軌道」、軍事用法では「履帯」と区別しているようですね。

なんかうんちく披露というよりむしろ自分の無知をさらけだしてるようで恥ずかしい話ですが、こういう時に情報や知識を整理するのはいい機会なので今後も疑問になったことはどんどん調べていこうと思います♪


そこで、こんな時めちゃくちゃ頼りになるのが開発者Mこと、ホビースクエア大阪のボス!M店長さんなのです!(←最近坊主にしてちょっと業界風の人になりました:笑)

スケールモデルやミリタリーネタに限らず、実車の車やバイク、はたまた全く関係ない雑学的なことでも「これ何ですか?」と聞くと「それはね♪」と嬉しそうに1から10までと言わず100も1000も、それこそ「もうええっちゅうねん!」ってくらいいろいろ教えてくれます。(爆)

もちろんフロアにいる店員さん全員が皆親切丁寧にいろいろ教えてくれますので、皆さんも何か分からないことがあってもなくても、単に模型ネタで盛り上がりたいだけでもいいので、遠慮なく話しかけてみてくださいね♪(^−^v


さて、話がかなりそれましたが…。



戦車:全体その4


お、ここにも何やら見覚えのある作品が!



ヤクトタイガーコン受賞作品


カッコエエ〜〜〜〜〜〜〜!!(≧▽≦)

戦車本体の作り込みや塗装表現のみならず、なんといってもベースがすごい!フィギュアの存在感もあってか、しっかりとストーリーが伝わってくる構成となってます!

私なんか毎回あんなジオラマ作ろうこんなのやってみようと思ってベースの材料とかは買い込んでくるんですが、いざやってみるとなかなか思い通りにいかず途中で投げ出してしまうことが多いのですが…。(T▽T)

おかげさまで部屋中にレンガやら瓦礫やら草などのマテリアルが散在し、まさに部屋そのものが戦地さながらのジオラマ模様を呈してる始末…orz。

ほんとお恥ずかしい限りです。(反省)


とにかくこういう素晴らしい作品が生で見れるのも模型屋さんや展示会の醍醐味ですよね♪次の作品もとても楽しみです!

ちなみに、私もヤクトタイガーコンに出してみようと思って1/35のキットを買ってはみたものの、途中様子を見にホビースクエアに足を運んだはいいけどあまりのレベルの高さに怖気づいて出せずじまいだったのはナイショです。(自爆)

それはともかく…。(^^;

そしてお次は、個人的にとても気に入ったのがこちら!



作品名:ラング


こういう平たい戦車大好きなんですよ!(←すごく素人くさい表現ですいません:汗)

ちなみにこちらは「IV号駆逐戦車 L/70(V)ラング」でしょうか?(@_@;

このIV号駆逐戦車系ってのがまた私の記憶をかき乱す曲者でして、未だにどれがどいつを指すのかあやふやです…誰か「ここがこうならコイツ!」って一発で分かる判別方法を教えてください。(T▽T)

それはともかく、とにかくIV号駆逐戦車とかヘッツァーとかヤクトパンターとか、平たくて箱っぽい形状の戦車が好きなんです!

いつかこんな風にかっこよく仕上げてホビースクエアに飾ってもらいたいですね♪


そんなわけで、なんだか今回は私の自爆ネタばかりとなってしまいましたが…うぅ。

前回の飛行機もかっこいいですが戦車もまた飛行機とは違ったかっこよさや楽しみ方がありますので、ぜひとも皆さんもチャレンジしてみてください。(^−^v


それでは、次回はカーモデルやその他スケールモデルネタでいきたいと思います♪

でわでわ〜。^^ノシ
「関西学生模型連盟」合同展示会・レポート : comments (0) : trackback (x)

この記事へのコメント:

コメントはありません。
さんURL

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。