Weblog

静岡ホビーショーレポート!(その1)



皆さんこんにちは!
湿気で髪がモサモサな開発者Tです!><
雨っていやですね〜。


さて、先週の秋葉原キャラバンの前日に静岡ホビーショーに行ってきました!

ようやく画像整理ができましたので、いくつかピックアップしてご紹介させていただきたいと思います♪



開場の様子:5/14(金)の業者日に行ってきました。


開場の様子:業者日でしたが結構混雑していました。



まずは、本来の用事を済ませます!(震電アフターパーツ第二弾として発売されるエデュアルド製エッチングパーツの商談に行きました)


エデュアルド社Karel氏は期間中ビーバーコーポレーションさんのブースにて実演中ということで、営業さん経由で話を通していただきちょっとお邪魔しました♪



「エッチングの魔術師」実演中!


ニュルンベルクトイフェアの時もブースには展示などがありましたが、あくまでトイフェアは商談ベースだったようで実演は見れませんでしたが、今回は実演がメインのようで、さっそく作業にかかっていました。

ビーバーさんの営業さんも仰ってましたが、エッチングの魔術師の生実演が見られるなんてありがたいことですよね♪

専用工具でエッチングをくるくる丸めたりとても器用な手さばきでテキパキとエッチングを装着していきます。(すげー!)



エデュアルドお得意の着色済みインテリア!


いったん商談ブースに移動して、現在進行中の震電アフターパーツ第二弾の最終調整の話に入ります。

こちらの要望を伝え、修正個所のすり合わせを行い、サンプルがいつまでにいくつくらい届くかなど細部にわたるまで話を詰めていきます。



どんなモールドもエデュアルドのエッチング技術にかかればこの通り!


最後に「SWS第二弾Ta152についてもぜひお任せを」というとても頼もしいお言葉をいただきました!

具体的にどの部分を依頼するかは、まずは本体のキットの方がしっかりとしたものに仕上がらないといけませんので今はまだおあずけということでいったん商談は終了しました。



僕にもできた〜♪(すいません、記念撮影しただけです:笑)


トイフェアでもそうだったのですが、やはり直接お話しできるってのはいいですね!お互いの思い、願い、要望などが伝わりやすく、いろんなことがスムーズに決まっていきます。

いったん話がまとまったところでお約束の記念撮影♪

「後で送ってくださいね」って気さくに言う彼の笑顔は素敵でした。^^



エデュアルド新製品:タミヤ 1/32 スピットファイア用エッチングセット。


なんと、もうタミヤさんのスピット用エッチングが開発されてますね?!

あんなすごいキットのどこをこれ以上ディティールアップするんでしょう?!><マイッタ!



エデュアルド 1/48 フォッケウルフD-9。


こちらは入荷すれば即完売の人気商品、1/48「Fw190 D-9」ですね。

ホビスク京都でもよく売り切れてて未だに手に入れてません…orz



エデュアルド 1/48 フォッケウルフD-11/13。


こちらは新製品のD-11/13の2個パック。

こいつの復元のためにTa152が…。(笑)


ここから先はビーバーさんの取り扱っている製品になります。



インドの金型工場でリスタートのAirfix社。


最近心機一転したAirfix社ですが、金型工場がインドに変わったとかでかなりシャープなモールドになったように思えます。



とにかくデカイけどパーツはとても繊細な1/24 モスキート!


モデルアート誌にも作例が載ってましたが、木製飛行機なので表面モールド少ないせいか写真だけ見るとそれほど大きな印象はないのですが、実際に間近で見るととてもデカイです!

それでもコクピットやエンジンなど細かいところまでシャープに再現されていて、「ひょっとしてインドの金型工場ってすごい?!」みたいな感じです♪


次は、食玩サイズの飛行機から味のある1/32飛行機、そしてお城、ダヴィンチシリーズまで幅広く取り扱っている童友社さんです。



飛行機からお城まで様々な品ぞろえを提供している童友社さん。


童友社さんから今回のホビーショーは前回に比べて少し活気が戻っているのではないかという嬉しいお話をいただきました♪

そういえば会場も思ったより混雑してますし、会場発表の新製品もいつもより多い気がします!



童友社 1/72 T-6G テキサン航空自衛隊版。


もちろん童友社さんもたくさんの新製品を持ち込まれているようでした♪



日本の名城作品展:ひそかに城モデル熱い?!


お城の模型がたくさん並ぶと壮観ですな!^^


さて、お次はレジン製のF1モデルを中心としたSTUDIO 27さんです。



レジン製ならではの味のある造形がウリです♪


金型ではできない繊細なライン取りもレジンなら忠実にトレースできます。


今年はタミヤさんもハセガワさんもロータス祭りですし、なにげにF1モデルが熱い年なんでしょうか?



1/20 ロータス フランスイギリスGP(左)、モナコGP(右)。


そして、お次はシャーマン大好き開発者Nも喜ぶタスカさんです。



当然ですがブース内はあらゆるシャーマンでいっぱいでした。(笑)


余談ですが、私もタスカさんのシャーマンを組んだのですが、パーツの合いが気持ちいいくらいピシっとはまって、かつ形状などもとても味があって好感度高かったです♪

しかも、パーツ交換などにもとても親切に対応していただいて、「シャーマン愛」が営業姿勢にも現われているなという感じでした!

これは見習わないといけませんね♪^^



1/24 ドイツ2号戦車シリーズ。


タスカさんにちょこっと聞いてみたところ、1/24は新しいお客様に向けた新提案で、ツュンダップKS750 サイドカーなどのソフトスキンや軽車両も積極的に開発していきたいとのことでした。

そして、ここが私たちSWS開発陣と思いが重なる部分なのですが、エッチングなどはキット状態では極力使わないとのことでした。

やはりプラモデル用の工具や素材で作れるという気軽さと、素材の良さに最大限に挑戦したいという気持ちが伝わって来てとても共感が持てました。

なんか開発に前向きなメーカーさんっていいですよね♪^^



タスカさん新提案の1/24シリーズ!


ちなみに、会場での告知では1/24 ツュンダップKS750 サイドカーにはドライバーとパッセンジャーのフィギュア2体が付くようでした。(画像はまだ実車のみでした)



そんなわけで、まずは静岡ホビーショーレポートその1はこの辺で。

次回は主催でもあるタミヤさんのレポートからいきたいと思います!

タミヤさんと言えば…そうです、例のアレですね♪

お楽しみに!^^ノシ
静岡ホビーショー : comments (2) : trackback (x)

この記事へのコメント:

おおっ!1/24 モスキート!
モデルアート見て、ボークスさんで買ってしまった愚か者です^^;
最初箱を開けて、そのまま押入れで寝ています。年内には、完成したいですが。
しかし、楽しそうですね。
天国のようでも^^
亀人さんURL21/May.2010 [Fri] 0:45nOH4KL/M
>亀人様
コメントありがとうございます!^^

モスキートは箱も中身もバカでかいです!でも十分内容も充実したキットだと思いますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

そしたらきっとモデルアートのライターさんも喜びますよ♪

そして完成したらホビスクに持ってきてもらえると私たちも喜びます。(笑)

ホビーショー楽しかったですよ!

こういったイベントはいろんな人や商品に出会えるのでとても楽しいです!いつかSWSも出展できたらいいなと思います。^^
開発者TさんURL21/May.2010 [Fri] 7:58ViIG.KSU

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。