Weblog

静岡ホビーショーレポート!(その6)



皆さんオハヨウゴザイマス!開発者Tです!

いよいよ静岡ホビーショーレポートも最終回です!

なにげにホビーショーで発表された商品はもうすでにほとんどが入荷済みですが、会場の雰囲気というものが少しでも伝わればと思いますのでもう少しだけお付き合いくださいね♪

それでは、最後の締めはアオシマさんブースからいってみましょう!




カウンタックは子供の頃の憧れでしたね!


さて、今回のホビーショーはタミヤさんハセガワさんのロータス祭りもあってか、各社ともカーモデルがなにげに熱い気がしますね♪

そして、カーモデルと言えば実車展示!

ニュルンベルクトイフェアでもかなりのレア車、スーパーカーが展示されてましたが、ホビーショーでも負けていません!

中でも目を引いたのはやはりカウンタック!しかもオレンジ!

カウンタックといえば子どもの頃の憧れでしたよね〜♪(<世代がバレる:笑)

「スーパーカー」という単語を今も使うか分かりませんが、私が子供の頃「スーパーカー」といえばこのカウンタックでした。

(当時としては)SF映画に出てきそうなフラットなボディに上方に跳ね上がるガルウィングドア!

そしてぇえええええ!

らんぼるぎーにかうんたっくってなんだかよう分からんけど無駄に長い横文字な名前!

うっひょたまんねぇぇぇえええええええ…って、なんだかノリがHS立川の店長さんみたくなってきましたが…とにかく子供ながらにやたら心奪われましたね!

まさにスーパーなカーですよ!(意味不明)

とまあ、ボキャブラリが貧困な幼少時代を暴露するような前置きは置いといて…。orz



なんとホンモノが?!Σ( ̄□ ̄;ズギャーン!


(;°Д°)カ…カッコヨス!


まさかの実車展示に度肝を抜かれました!



1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400。こちらは新製品のキットサンプルです♪


各部オープン状態での展示も可能なようです。やっぱこうでないと♪


ウィキペディアによると「車名に用いられているCountachはピエモンテ語の感嘆詞で、特に美女を見たとき男性が発する言葉である。」とのことですが、よく愛車や愛機を「彼女」と呼称するのはやはりこういうところからきているのかもしれませんね♪

私も美女を見かけたら「カウンタック!」と叫んでみようかしら。(<やめとけ自分:笑)


ちなみにスーパーカーブーム時には「最高時速300 km/h」という公称値が話題となっていたようですが、震電やTa152は超高高度で約700km/h超を目標とされていたことを考えるとスーパーカーの2倍の速度!

しかも約60年前にですから、本当に飛行機ってのは当時の最新技術の集大成だったんですね〜。そりゃ男の子だったら誰しも一度は憧れますよね♪



組み立てやすさを考慮したモデルのようです。


エッチングパーツも付属でモデラーにも対応…って、「モデラー=中上級者」の意味?


カウンタック以外にも「青島文化教材社」と言われるだけあって、人体解剖図的な教材用模型なども多数出品されてました。

そして、痛車ブームの先駆者だけあって、カーモデルやトラックなどもは当然、痛車も充実してました♪



トラックの模型って結構あるんですね!(驚)


1/24痛車 けいおん! ランサーエボリューションX。けいおんは痛シリーズで強いですね!


1/24痛車 ラブプラス FD3S RX-7。「1/24痛車」ってすでに1カテゴリとして確立されてますね♪


自社製品以外にもドラゴンさんの取り扱いもいよいよ本格的に始まっているようで、多数の新製品が展示されてました!



1/350 USS INDEPENDENCE CVL-22。ドラゴンさんならではの超精密モデル!


1/32 Bf110D/E NightFighter 2in1。コンパチキットで抜かりなし♪


あ、どうでもいいことなんですが、「夜間戦闘仕様」って燃えません??

子供の頃ガンプラとかをやたら黒鉄色やミッドナイトブルーとか黒で塗って夜戦型にした時期がありました…って、私だけですかね。^^;


それはさておき、最後はラジコンではタミヤさんと対をなす京商さん!



ラジコンブースではさすがに一番賑わってましたね♪


KYOSHO アリスモータース ランサーEVO X 実車展示。


ミニッツモデルレーサー化進行中だそうです!


アリスソフトさんとのコラボカード(トレカ?)も会場頒布されてました♪


1/43 ダイキャストカーモデル化としてコラボ企画スタート!


ついにラジコン業界まで痛車化の波がきましたね!

いったいどこまでいくのでしょう。^^;

いずれにせよライトユーザーの間口が広がるのはいいことなんですかね♪



そんなわけで、今回でホビーショーレポートはおしまいですが、こうしてみると毎回いろんな商品が発表されて、毎月毎週何かしら新製品が店頭に並ぶんですよね〜。

それはもう本当に多種多様な新製品が各社から山ほど出るわけですが、そんな中に後発で新規参入した私たちがどこまで通用するかこ乞うご期待!ですね♪^^


それではまた!^^ノシ



当日出展&ご来場の皆さんお疲れさまでした!
静岡ホビーショー : comments (0) : trackback (x)

この記事へのコメント:

コメントはありません。
さんURL

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。