Weblog

Ta152アフターパーツ勢ぞろい!(メカ・攻略本編)


↑タンク博士の設計理念を読み解き具現化、造形村SWS第二弾「1/32 Ta152H-1」ご購入はコチラ♪


皆さんこんにちは!
第三弾発表まであとわずか!
緊張が高まっている開発者Tです♪

最近また急に寒くなってきましたね!

年末年始はやはりコタツでミカン…じゃなく、プラモ!

あいや、ミカンも食べながらでいいですけどね♪(笑)


そんなわけで、お次はTa152メカ系アフターパーツをご紹介させていただきます♪



【Ta152メカ系アフターパーツ各種受注&発売開情報】

■受注開始:12/18(土)
■受注〆切:12/26(日) 
■受注方法:全額前金のみ
■お渡し開始:納品され次第ご予約順に順次先行お届け
■発売日:2011年1月1日
(「ニューキットエキシビジョン」より販売開始)

全国のボークス各店舗や通販にてお求めいただけます!

■店舗情報はコチラ♪→クリック



↓↓↓各アイテムの詳細はコチラ↓↓↓





【メタル脚柱】

■売価:税抜1,900円
■仕様:ホワイトメタル製
■内容:
・主脚柱×2
・尾脚柱×1
・右フォーク×1





【自重変形タイヤ】

■売価:税抜1,100円
■仕様:レジンキャストキット
■内容:
・主車輪×2
・尾輪×1




そして、震電攻略本に続くSWSファン必携の一冊「造形村コンセプトノート No.II Ta152H-1」早くも登場!





【造形村コンセプトノート No.II Ta152H-1】

■本体価格:税抜3,300円
■受注開始日:2011年1月1日「ニューキットエキシビジョン」から(予定)
■受注〆切:震電攻略本のように発売直前まで受注可です。
■受注方法:全額前金のみ
■発売日:2011年1月29日(土)(予定)
■仕様:カラー128P(予定)
■言語:日英両対応(一部除く)



Tat152は世界的に有名な機体だけあって、攻略本への注目度もかなり高いですね!

特に実機資料としては震電攻略本以上に激レア画像満載とお約束させていただきます♪^^v

先日公開された「オヤジブログ」こと社長ブログ最新版ではそのほんの一部をご紹介しちゃってます!



↑社長ブログ第9話「世界中のTa152ファンが待ちに待ったその日がやって参りました」はコチラ♪


そちらもぜひご覧くださいませ♪



今回のTa152攻略本は震電以上に秘蔵画像満載となっておりますが、その多くが私たちSWS開発陣が直接取材により撮影した実機写真となっております。



私たちの誠意と熱意が通じたのか、ようやく取材許可がおりたスミソニアン。取材中は破損しないよう恐る恐るエンジンカウルを開けてくださいました♪



Ta152は本格的なレストアまでに時間がかかるようで、保存用のレストア(保護剤を塗布など)を先に行ったようです。


これらの世界初公開画像だけでなく、世界を代表する飛行機モデラーたちの夢の競演(キットレビューや改造作例)も収録!



第一回震電コン「社長特別賞」マイスター「小林様」によるメタル貼り作例。



ベアメタル社製のシールを貼る以外は、コード類をパイピングするなど小改造のみで基本的にはキットを活かすのが前提だそうです♪


Ta152コンもぜひ開催したいですね〜♪



こちらも日本代表で掲載させていただくために作り起こしていただきました!



H型の原型機「Fw190V29」への改造作例ですが、パネルラインを引き直すなどポイントを抑えた改造のみで、こちらも基本的にはキットを活かしてくださってます♪


もちろん海外からも海外模型誌のライターさんなどが参加してくださってますので、模型本としてもなかなか興味深いものとなってます!

組む前に読む、組みながら読む、組んでからまた読む。

繰り返しご愛読していただけると幸いです♪



それでは、次回はケッテンクラートのアフターパーツ情報です!
引き続きお楽しみに!^^ノシ






↑ホビスク京都「サンクスフェスタ」についてはコチラ♪




↑「ドールズパーティー24」への沢山のご来場、誠にありがとうございました!あの感動をそのままに、「ドルパ24アフターイベント」もお見逃しなく!詳しくはコチラ♪




↑「リアルタイムレポート by MIKEY」まだまだ続きますよ♪
1/32 Ta152関連 : comments (0) : trackback (x)

この記事へのコメント:

コメントはありません。
さんURL

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。