Weblog

「ドライブラシ」って何?(震電筆塗り講座その13)


↑SWS開発陣入魂の一冊!「造形村コンセプトノート SWS No.I 震電」のご購入はコチラ!


皆さんこんばんは!
そろそろ花粉の季節でしょうか?
昨年あたりから花粉症が治ったんじゃないかと錯覚している開発者Tです!

ちなみに花粉症って治るもんなんですかね??

それとも京都が花粉少ないんでしょうか?

とにかく今年もわりと鼻が楽で助かります…。

皆様も「やばいな」と思ったらぜひマスクをお忘れなく!

マスクするだけでもかなり違いますからね♪^^v


さて、前回は「コクピット編」に突入し、下地塗装を施すところまでやりました。

前回のおさらいをしつつ、進めていきましょう♪



↑前回の記事はコチラ♪


前回は陰影をつけるための下地色ということで濃いめのグリーンを塗装しておきました。

今回はその下地色「REFLECTIVE GREEN」(ファレホNo.70890)に「震電カラーセット」に含まれる「GREEN SKY」(ファレホNo.70974)を少しずつ足して、徐々に本来の色にしつつ、明るくハイライト(光が当たって明るく見えるところ)を入れていきたいと思います♪



まず下地色にグリーンスカイを少し混色、あせらず徐々にトーンを上げていきましょう♪



では、どうやって塗りながらハイライトを入れていくかというと。

そこで登場するのがタイトルにもあります「ドライブラシ」という塗装表現です。


なぜ「ドライブラシ」と言うのかといいますと、混ぜたらいきなりベタ〜っと塗るのではなく、筆に付けた塗料の余計な水分をティッシュでふき取り、カサカサな状態の筆(ドライなブラシ?)をこすりつけて出っ張ったところ(エッジなど)に少しずつ塗料を乗せていくからです。

よくAFV(戦車など)で見られる技法ですよね♪

エッジ部分に明るい色を乗せることで、光が当たってるような表現をしたり、奥まった部分との明度差をつけることで陰影を表現し、模型という縮尺された世界にリアル感を増すのです。

通常はエッジを強調して立体感を増したり、まさにハイライトを入れるためにやるんですが、ここでは「筆塗り講座」ということで、エアブラシを使わず陰影表現をするためにコクピットなどの奥まったところには、本来通常の塗装をするところにも積極的にドライブラシを使っていきたいと思います。(後であまり見えなくなるところには大げさに明度差を付けるくらいでちょうどいいので)

とまあ、うんちくを語ってますがTも塗装にはそれほど詳しくはありません。(笑)

まずは実際にやってみましょう!



筆に塗料を少し付け、余分な水分をティッシュでふきとったら…カサカサとエッジを中心に筆をこすりつけていきます。


筆に余分な水分が残っていてベタっと塗れてしまっても、あせらずもう一度筆をティッシュでふき、塗料が乗ってしまったところを乾燥する前にカサカサとこすって筆に塗料を吸収させてしまえばリカバリが効きますのでぜひお試しあれ♪



一段階目が終わりました。まだそんなに変化が見られませんが、あせらずじっくりとカサカサしましょう。(笑)


2〜3段階くらいに徐々にグリーンスカイを混ぜつつ明度を上げて全体をカサカサと繰り返し繰り返しドライブラシしていきます。

最初のうち(濃いめの段階)はエッジ部分だけでなく、平面にも少しずつこすりつけておくとよいでしょう。

徐々に明るい面積を狭くしていくと、下地色(濃)からハイライト(明)へと陰影のグラデーションが付いていきます。

過去の記事「ファレホミッション番外編」でも簡単に解説してますので参考までに♪


■ファレホミッション番外編その1→クリック♪



3段階くらい明度を上げると、だいぶエッジ部分にハイライトが効いてきましたね♪



スジボリ部分には下地色がそのまま残って、墨入れをしなくても十分立体的に見えます。(もちろん後で墨入れをしてもOKです)



実機写真と比べてみましょう。なんとなく似てきたかな?



ファレホは乾燥すると若干色味が濃くなるようなので、「ちょっとエッジにハイライトが効きすぎたかな?」というくらいがちょうどいいかもです。



床面は実際の光の加減でも陰影付きますが、平面は暗めに、エッジとなる部分にきつめにハイライトを入れておけば、コクピットを除きこんだ時に立体感が増すかもです♪



側面は下から上に向かって明るくしていくと、より立体感が強調されます。


ここまで明度を上げたら、計器類などのピンポイントで別の色指定となっている部分を塗装してから組み立てます。

と、そこからは次回のお楽しみ。

いかがでしょうか?

あまりアップにすると微妙に汚く見えるかもしれませんが、これくらい大げさにやっておくと、狭いコクピットが組みあがった後でも、中を覗き込んだときにはっきりと立体感を目視できますよ♪


それでは、次回は一気に組み立てから仕上げにいきたいと思います!

ではでは〜♪^^ノシ






↑「広島SR/天使のすみか広島」リニューアルフェア絶賛開催中!詳しくはコチラ♪
1/32 震電関連 : comments (2) : trackback (x)

この記事へのコメント:

ファレフォカラーの上からエナメル系で墨入れできるのですか?
とーるさんURL25/Apr.2011 [Mon] 0:18W/CijpRg
>とーる様
いつもありがとうございます!^^

大丈夫ですよ〜♪
開発者TさんURL25/Apr.2011 [Mon] 20:34P9nw0RY2

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。