Weblog

SWS第四弾「P-51D マスタング」発表!


形状把握が最も難しいとされる、WWII最強のレシプロ戦闘機に造形村SWS開発チームが挑みます!


皆さんこんにちは!
ここからがアフターレポート本番、飛行機模型の新しい世界の到来にドキドキ☆ワクワクの開発者Tです!

「ホビーラウンド5」会場にて開催されたSWS大例会「SWS第四弾 新製品発表会」において、ついにSWS第四弾機種名当てクイズの正解が発表されました!



↑機種名当てクイズの正解はコチラ!皆さん分かりましたか?^^


もともとは前回の第三弾「スカイレイダー」と同時出題で両方正解の方のみ豪華賞品プレゼント予定だったので、第四弾単発では第三弾ほどの難易度ではなかったと思いますがいかがでしょう?

皆さん正解できましたでしょうか?^^



SWS開発陣の背景にあったパネルは、SWS第四弾「P-51D マスタング」だったんですね〜♪


正解者様の中から抽選で、第三弾と同様に第四弾のテストショット最終サンプルを誰よりも早くお手元にお届けしたいと思いますのでお楽しみに!

※賞品は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。



↑第五弾機種名当てクイズもまだまだ受付中です!




ご来場のSWSファンの皆様が徐々に集まり、いよいよSWS大例会「SWS第四弾 新製品発表会」が始まります。


さて、スカイレイダーに続き、ポピュラーな米軍機となりますが、今なお世界中で最も愛され、とても多くの機体がレストアされて実際に飛行しているのが、このWWII最強のレシプロ戦闘機こと「P-51D マスタング」なのです。

よって、世界中の模型メーカーさんからも、とても多くのキットが各スケールで発売されてます。

そこへなぜ今さら造形村があえて各社とバッティングするような機種選定を行うのか?

それは、ひとことで言うならば「挑戦」ということなのかもしれません。



SWS開発陣の自己紹介から始まり、SWS第四弾のクイズ正解発表に入ります。


ひとえに挑戦と言っても、SWS開発コンセプトである「魔法の素材プラスチックを使って本物の飛行機を再現する」という行為の限界に挑戦するという意味でもあり、過去の名作キットたちに対して、私たちの持てる全ての情熱や技術をもって挑戦するという意味でもあるかもしれません。

また、ただ単に、自分たちの手でいまだかつて見たこともないような『最高』の「WWII最強のレシプロ戦闘機」を生み出したかっただけなのかもしれません。

つまりは、最もやりがいがあり、私たちの知的好奇心を満たす機体として「必然的」に選ばれた機体なのかもしれないということです。



厳粛な空気の中、例会が始まるとあっという間に立ち見状態となりました!


なんにせよ、世界中にこれだけ多くの名作キットが存在する中、後発で開発に着手する私たちの目の前に数多くの困難が待ち受けていることは間違いありません。

でも、だからこそ、あえて「挑戦」したいのです。



開発総司令官ことボークス・造形村代表取締役 重田社長より、SWSに込めた熱い思いを語っていただきました。


SWS第三弾「スカイレイダー」がかつての憧れのキットに求めた私たちなりの解答だったように、世界中の飛行機マニアが愛する名機だからこそ、私たちなりの解答をぶつけてみたい。

この「P-51D マスタング」こそ、私たちにそう思わせる機体なのです。



造形師でもある私たちSWS開発陣に強力な新メンバー「開発者N2」が参戦!造形師の鋭い感性を金型に直接反映させる「設計士」として今後の活躍が期待されます!


この名機に対して私たちは「造形村ならでは」の切り口でアプローチし、必ずや「いまだかつて見たこともない名馬」を世界中の飛行機マニアの皆様にお届けしたいと思います。

それは、魔法の素材プラスチックの限界に挑戦し、プラモデルではなく「本物の飛行機」の再現を目指す私たちだからこそできること。

そう信じて、「SWS」でのこの「名馬」の再現に挑みたいと思います。

ぜひとも、楽しみにお待ちくださいませ♪


そんなわけで、SWS第四弾「P-51D マスタング」のご予約特典など詳細につきましては、決まり次第順次ブログや造形村Webサイトで公開させていただきますので、しばしお待ちくださいね♪



5月末より全国のボークス各店(天使の里、すみか除く)およびWebサイト、通販隊にて予約開始予定です!


それでは、造形村SWSで再現される「WWII最強の戦闘機」をお楽しみに〜♪^^ノシ






↑GAグラフィックさんにてボークス「ホビーラウンド5 特設サイト」公開中!随時更新中なのでこちらもぜひご覧くださいませ♪



↑GAグラフィック「ホビーラウンド5 特設サイト」内に開発総司令官の生トークレビューページも公開中です!こちらもぜひご覧くださいませ♪
製作発表会レポート : comments (6) : trackback (x)

この記事へのコメント:

お願いです。いつまでも待ちます。ME-163b コメートを製品化できないでしょうか。小型で、すばらしい性能を持ったコメートは1/32スケールの情景にピッタリだと思います。逼迫した戦況の中で
最後の望みをかけて戦場に送り出したドラマ性、あまり製品化されていない(ハセガワ1/32がありますが)人気機種、実機も現存している点からして製品化の価値は有ります。
たとえ¥15.000-超えでも3機は購入したいです。コメートのデザイン、特殊性が堪らなくモデラーを引き付けます。かって言ってごめんなさい。
nsdapさんURL11/May.2011 [Wed] 23:36tXiInOx6
>nsdap様
いつもありがとうございます!^^

ME163ですか!なかなかおもしろいですね!お客様からのご要望のコメントはとても励みになります。本当にありがとうございます!

ME163は一時期私個人的に秋水とも比較検討していて、資料や当時の時代背景など調べていたことがあったのですが、秋水に若干悲しいお話も含まれており、両方ともいったん見送ってました。

やはりSWSはその伝説の飛行機と、それを取り巻く世界観丸ごとをご提供していきたいと思いますので、機体のみでなく時代背景なども考慮して機体選定をしていきたいと思います。

ME163につきましては、SWSが続く限りいずれはやりたい候補にはもちろん上がってますので、いつまでに必ず実現できますとは断言できませんが、楽しみにお待ちいだけると幸いです。

やはりお客様からのご要望にひとつでも多くお応えするにはシリーズそのものが継続できないといけませんからね。^^

なので、そのために引き続きSWSを応援お願いします!
開発者TさんURL13/May.2011 [Fri] 12:53P9nw0RY2
私は、現在ドイツに住んでいます。
私の同僚がプラモデルファンクラブのシュトゥットガルト代表で、先日ニュルンベルクのプラモデルフェスタに一緒に行きました。
そこでたくさんのドイツ人が日本のプラモデルに熱狂していました。
同じ日本人として、日本の技術の素晴らしさに感激しました。
私以外は全員ドイツ人だったので、訪れるブースの先々で色々訊かれたのですが、中でも造形村さんの最新作について聞かれる事が多かったです。
p51の発売予定日とドイツへの輸出予定について知りたいそうなのですが、現在決まっている範囲内で構わないので教えていただけないでしょうか?
ちなみに、造形村さんの第三段?の日本の飛行機が大々的に展示してありましたよ☆
kazunori seidaさんURL25/May.2011 [Wed] 1:14bkGQWwp6
>kazunori seida様
コメントありがとうございます!^^

ドイツ在住ですか?!ニュルンベルクトイフェアでは造形村ブースにご来訪いただいたようで誠にありがとうございました!もしかしたらお会いしていたかもしれませんね♪

私たちも会場で何人かの日本人の方にお会いし、とても勇気付けられました!確かに造形村ブースは新参者ということもあっていろんな意味で注目を浴びることができたようですが、やはり「本物の飛行機」を「世界観」丸ごとお届けするという、ちょっと変わった切り口でのご提案が、飛行機マニアの心の琴線に触れたのではないでしょうか?

ちなみにP-51Dにつきましては、ドイツへの出荷も当然考えております。また、発売日に関してはまだまだ確定しておりませんが、年末から2012年初頭くらいにはお届けできたら良いなあと考えております。

今後の展開にもぜひ期待していてくださいね♪
開発者TさんURL26/May.2011 [Thu] 22:00P9nw0RY2
お返事ありがとうございます。
同僚も喜んでいました♪

しかし、私達が参加したのはトイフェスティバルではなくてプラモデルだけのフェスティバルです。
例年、ニュルンベルクのサッカーチームの本拠地のスポーツ公園で行われるそうですよ。

シュトゥットガルトのプラモデルチーム一同、ドイツでの発売を楽しみにしているそうです。
kazunori seidaさんURL02/Jun.2011 [Thu] 2:069r/OL4QY
>kazunori seida様
いつもありがとうございます!^^

ドイツ方面へはこれからも増えていくフレンドショップ(英字版サイトの「リンク」ページをご参照ください)への出荷となる予定です。

世界各国全ての模型店様がフレンドショップ提携できるわけではありませんが、もしご自分のお住まい付近に提携先がありましたらそちらをぜひご利用くださいませ♪(もちろんボークスインターナショナルでも購入可能です)

ところで、プラモデルだけのフェスティバルなんてやっていたんですね!そちらにもぜひ一度参加してみたいですね♪
開発者さんURL04/Jun.2011 [Sat] 17:235yXfDQDo

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。