Weblog

P−51Dマスタング製作メモ その4

みなさんいかがお過ごしですか TAKEです。
9月に入って、私の住む京都は、朝晩が涼しくなって、過ごしやすくなってきました。
皆さんのところはいかがでしょうか?

このブログはSWSマスタングの製作例を連載しています。
「ノースアメリカン社 マスタング製造工程のディオラマを作る!」
と言うテーマで、機体の製作・ディーティールアップからディオラマ製作までを順にご紹介しております。

今回は「その4」です。もし「初めてこのブログを見た」と言う方は、是非「その1」からご覧になってください。
SWSマスタング製作例に、SWS製作の楽しさや製作アイデアの一例をお伝えしています!
皆さまのSWS製作、スケールモデル製作の少しでもお役に立つことができれば何よりと思っております!!

前回ではここまで進めますって予告していました。
でも、勢いでもう少し進めちゃいました!! 

さぁ〜ご覧下さい!!

↓↓クリック!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 

組立て説明書の22ページから始めます。

胴体外装、尾部の組立て
さぁ〜水平尾翼、垂直尾翼の組付けです。
実機通りのパーツ構成で作られているので、飛行機を作っている♪♪
という実感が湧いてくるところです!!

♪組付け前にちょっと記念写真♪

文林堂刊 世界の傑作機No.79 「P−51ムスタング,D型以降」
記事の中に、ノースアメリカン社マスタング製造工程の解説ページがあり、
こんな感じの写真が掲載されていました。


世界の傑作機No.79「P−51ムスタング,D型以降」
造形村コンセプトノートIV 「P-51Dマスタング編」
と併せて
今回のディオラマ製作で大変お世話になります。

造形村コンセプトノート及び世界の傑作機は全国のボークスホビースクエアで取り扱っていますので、お求め、在庫のお問い合わせはこちらへ↓


では、尾部の組立てを進めましょう!!
バランスが大事なところです!すり合わせを行って慎重に組立てましょう!!

水平、垂直安定板を取り付け終えました。


水平、垂直をとって、接着しましょう!!
流し込みタイプの接着剤が便利です!!
その後、固定するまで「安静に」しておきます。


フィレットの継ぎ目は瞬着をパテ代わりにして
スポンジペーパー(#400−600)で消していきます。
リベットを削り落とさないように注意しましょう!!


はいっ このとおり♪


胴体前半と「合体!!」
この後、胴体はメタル貼りする予定ですので、
エレベーターとラダー、ウインドシールドなどはメタル貼りの
後に取り付けすることにしました。

主翼の組立て
組立て説明書 24ページからです。

製造途中を再現するので機銃はまだ搭載されていない状態で組み付けます。

層流翼断面 マスタングの見せ所の一つです!!
バッチリ再現されています♪♪ 本当に飛びそうですねぇー


翼内タンク
下面をランナーに付けたまま、そこに上面を接着して塗装します。
持ちどころの無いパーツの塗装はいつもこの方法です♪


配管取り付け位置にφ1.2mmの穴を開けます


配管(リザーブパイプ?)の製作
φ1.2mmアルミ線にビニールパイプを取り付けて
「固定バンド」も装着しておきます。


翼内タンク完成!!
左右対称に配管を作りました。


予告写真はここまででしたねぇー 
勢いをつけてこの先へ進めましょう!!

主翼外板上下を合わせてみました。

でも、やっぱり・・・
翼の中にタンクが隠れてしまうのは勿体ないですねぇー!!

ここも・・・

♪パネルラインからカットしちゃいました!!
1機は主翼の製造工程を再現します♪
タンクを外しておいて見せるようにしましょう!!


主翼の完成!! かっこいい〜♪
2機はカットしていませんが、ちゃんとタンクは中に納まっています。
フラップ、エルロンは塗装後に取り付けます。

いかがでしょうか?
マスタングの主要パーツがどんどん揃ってきました♪

普通にマスタングを組立てて行くのでしたら、この後主翼と胴体を接着するのですが、
今回は製造過程を再現しますので、主翼フィレットやラジエーターインテークなど、
取り付けしない状態で 組立て説明書33ページ脚部の組立てへ進めました。

次回「その5」では、脚部の組立てからご紹介して行きますが、その後のメタル貼りや塗装はディオラマ部材の寸法合わせの時に剥がれたりハゲたりする恐れがあるので、
先にディオラマ部材の製作に入ることにして、そちらの方を先にご紹介していきます!!

これから涼しくなると、製作のペースがアップしてくると思います。
リアルタイム(実際の現状)では、ディオラマ部材の製作に入っています。
キットパーツと違って、「材料」から作るので、寸法取り、切り出し、加工など時間を要する工程の連続で、ブログアップの間隔が今までより少しあいてしまうかも知れません。

SWSの楽しさを出来るだけ多くの方に味わって戴けたらと思い、ぼちぼちですが製作例をご紹介していますので、皆さま今後ともお付き合いくださいませ!!   
よろしくお願いいたします!!

今回はこの辺で
アディオス!!
1/32 マスタング関連 : comments (0) : trackback (x)

この記事へのコメント:

コメントはありません。
さんURL

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。