Weblog

SWS P−51D「ファクトリーディオラマ」製作メモ その7

みなさんいかがお過ごしですか TAKEです。
このブログはSWSマスタングの製作例を連載しています。
「ノースアメリカン社 マスタング製造工程のディオラマを作る!」
と言うテーマで、機体の製作・ディティールアップからディオラマ製作までを順にご紹介しています。

まずは
特報!!
前回「その6」で、ブログをご覧くださった方々からのコメントで、
「ドリー&ホイストを商品化できないの?」と言うお言葉を戴きました。
スケール企画室も「SWSファンのご要望にお応えしましょう!!」とのことで、
「SWS P−51D用ドリー&ホイストセット」(仮称)
商品化GO! となりました!! すごーい!!


これから、商品化(量産)に向けて、パーツの分割など、
「ワンオフ物」から「原型」へ変える加工をしていきます。
詳しい事が分かりましたら、お知らせさせていただきます。
コメントをお寄せ下さいましたSWSファンの皆様に感謝いたします。
どうも、有難うございます。
これからもSWSを楽しんで戴くためのお役に立てるように頑張って参ります!!

 

今回は遂にディオラマ1作目の最終段階です!!
塗装、仕上げとマスタングのメタル貼り、フィギュアの塗装、完成までをご紹介します!!

↓↓クリック!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 

メタル貼り
さぁ! 機体全面にベアメタルを貼ります。
メタルの匠 小林直樹氏によるメタル貼りの極意が「造形村コンセプトノート」各号に詳細に書かれているのを熟読しましたので、初めてのメタル貼りですが、戸惑いなく取り掛かれそうです♪
(実際貼ってみると小林さんの詳しい解説のお陰で大きなトラブルなく貼ることができました。感謝!!)


ベアメタル (ボークスホビースクエアで好評販売中です)
ベアメタルは金属箔のシールで、その中からシルバー系の3種類を使いました。
名称は「ウルトラブライトクロム」「クロム」そして「マットアルミニウム」です。
資料写真を見ながら、光沢の違いを部分ごとに貼りわけて表現しました。


端っこは折り返して処理するので、多少余裕を持って切りましょう!!
薄い後縁でカットすると切り口がガタガタになるので
前縁から貼り、後縁で折り返して前縁で重ねます。


綿棒でメタルを密着させます。
かなりの凹凸でも追従してくれます!! すごいです

#600のペーパーで先を「丸く鋭く」整えたつまようじ
押し当ててリベットを再現していきます。


最初メタルを触るのに白手袋をはめていましたが、
磨き以外で触るだけなら手洗いしておけば大丈夫でした♪
貼る時、手袋にくっ付くので鬱陶しいですしねぇー


胴体も3種類のメタルを使い分けて張って行きます。
余分なところは、カッターナイフでサクッと切るので、
刃はつねに新しいものを使いましょう!
古い刃を使うとギザギザになったり、裂いてしまいます。






翼の「縁」は折り返して張ると綺麗になります。



「皺(しわ)」は綿棒でこすれば十分綺麗になってくれます。

ここからは、小林さんなら#1000〜#8000のペーパー掛けで
ピカピカに磨かれるのですが、わたしのは「製造途中」なので
ボークスで購入したぴかっと綺麗でパネルごとに表面を一定
方向に擦り細かなキズ「ヘアライン」をつけました。


胴体のメタル貼り完了!! いい感じ☆☆

ではここで
ベアメタルを初めて貼ってみた感想です。
1.スライドマークよりも貼り易かった!!                ◎
2.塗装とちがって剥がして貼り直しも出来ます。            ◎
3.乾燥待ちがないので、すぐに次の作業に掛かれます。         ◎
4.塗装では表現できない「金属感」が出せます。            ◎
5.曲面やデコボコした所にもかなり追従してくれます。         ◎
6.少し値が張りますが、4の効果をみれば、納得できる価格だと思います。 △




キャノピーに「保護シート」を貼り、吸気口には「防塵用テープ」を貼って
製造途中な感じを再現します。


主翼に装着される「操縦桿」を接着!!
実機を忠実に再現した SWSマスタングの見せ所のひとつです!!
雰囲気が出てきましたねぇー♪♪


フラップは油圧が掛かっていない下げの状態で接着します。
うぉーかっこいぃー!!
機体の各部をしばし眺め続けてしまいました!!

では、ドリーの塗装にかかります。

サフェーサー吹き


本体の塗装
実物は刷毛塗りだろうと思い、ほとんど筆塗りです。




ドリーの完成ですっ!!

フィギュアの塗装

SWSオプションのフィギュアセットを使いました。


ウレタン樹脂(レジン)製なので、GK用サフェーサーを下地に吹いてから
作業服の「影」を全体に吹きます。使用カラーは黒に近いグレーです。


全身が影になりました。


上の方向からハイライト(明るいグレー)を吹きつけると
服の表現が出来ます。
熱中しすぎて途中の撮影を飛ばしてしまいましたが、服の色は
濃いグレーと明るいグレーの2色のみです。


フィギュアの塗装はあまり多くこなしていないので、
これからもっと勉強します。(アップではお恥ずかしい!)

完成!!













完成が間近になってくると、ついつい写真撮るのを忘れてしまいます。
ここ!! と言うところの画像が後で無いのに気が付いて「あちゃー」の
連続でした。

SWSマスタングファクトリー第1弾「ドリー&ホイスト」はこれで完成となり、
ホビーラウンド8 SWS例会会場で展示してもらえました。

この後、第2弾「エンジンマウント組付け工程」第3弾「プロペラ取付け工程」の
製作に掛かります。
しかし、ここまででも結構な時間を要しましたので、第2弾を製作してブログでご紹介するまで
にしばらくの「間」をいただきます。           
どうかご諒承くださいませ。
「ドリー&ホイストセット」の詳細が分かり次第「号外」をお届けできればと思っています!!

「おやじブログ」では、もうすでにウーフはおろか、○電やその後の○○○?なんかまで
発表していて、少し気が焦っている今日この頃です!!
これからもSWSの展開が楽しみですねぇー♪♪

みなさまにSWSを楽しんでいただく為のお役に少しでもなればとこのブログをお届けしています。
ご質問やお問い合わせなどございましたら「コメントする」までお気軽にお寄せ下さい。

ではこの辺で
アディオス!!
1/32 マスタング関連 : comments (7) : trackback (x)

この記事へのコメント:

TAKEさん、ピカピカこばです。
メタル貼りマスターお見事です〜。やってみれば目から鱗でしょう。簡単簡単です。
これからもドンドンメタル貼ってくださいね〜。
私はとある理由で、メタル貼る時間は今は全て塗装の勉強に明け暮れる毎日です。後はお任せしますね〜(笑)
ピカピカこばさんURL11/Nov.2012 [Sun] 14:233LK3K1jI
ピカピカこばさん、有難うございます。
初めてでも簡単に貼れたのは、こばさんのノウハウをコンセプトノートで、「公開」していただいたおかげです。
私だけでなく、もっと沢山のモデラーさんにメタル貼りを
体験してもらえればと思います。
こばさんも忙しいかと思いますが、またイベントでメタル貼り講座やってくださいね!!
TAKEさんURL12/Nov.2012 [Mon] 6:38NVsfzZjI
ドリーの商品化、うれしいです!
正直、写真の姿がうらやましかったので
これが手に入るのが夢のようです。

私も声を上げた一人ですので、当然ながら
必ず購入させてもらいます。
どんな仕様になるのか、今から楽しみです。
2機目の制作に使わせてもらいます。

ホントうれしいです。
声を出してよかった・・・!
のさんURL12/Nov.2012 [Mon] 19:23tlJ7o9Yg
のさん? コメントを戴いた「立川の★さん」ですね?
お声を戴きまして本当に有難う御座います。
そして、お買い上げ有難う御座います。(まだこれからですが)
良い形にしてお届け出来るように努力いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。
発売次第、わたしも購入します。(笑)
TAKEさんURL12/Nov.2012 [Mon] 21:53NVsfzZjI
!!!すごい、本当に商品化になるなんて!ありがとうございます。・・これは発売までに準備を進めないと(汗)。絶対買います!とりあえずありがとうございました!
餃子定食さんURL13/Nov.2012 [Tue] 22:04I6M4K8BE
ほんまに有難いです!!
TAKEさんのブログを初めから見直して、マスタングを作りだしておきます。
楽しみにしております。
近江の亜留麻次郎さんURL14/Nov.2012 [Wed] 7:30NVsfzZjI
餃子定食さん、亜留麻次郎さん
どうも有難う御座います。
SWSを楽しんでいただければ本当に嬉しく思います。
マスタング、思いっきり楽しんでください!!
TAKEさんURL14/Nov.2012 [Wed] 7:56NVsfzZjI

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。