Weblog

続々・スケールはダウンしても作る楽しさはアップ!!!

皆様こんにちは
ホビー企画室のハラダです。

前回までお送りしたパーツの「切り出し〜組み立て」に続き、
本日は塗装ツボをお伝えします。



それでは続きへどうぞ!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓

キレイにパーツの切り出しと組立てができたら
いよいよ塗装ですね!

でも、飛行機模型の塗装って
「どの色を使ったらいいんだろう?」
「迷彩の塗り分けってどうやるんだろう?」

という不安をお持ちでないでしょうか。

今回ご紹介するツボでその不安をサッパリ解消しちゃいましょう!!!

まずは、
「どの色を使ったらいいんだろう?」
という方にはズバリこちらをオススメします!

■Ta152H-1 カラーセット
 2,800円(税別)




それぞれの機体の基本的な塗料がセットになっています!
さらに!
ファレホカラーなので臭いも少なく安心して使えます。

そしてお次の、
「迷彩の塗り分けってどうやるんだろう?」
も実は簡単に解決しちゃうツボがあるんです!!!

それはコチラ!



迷彩模様の型紙を作ってしまえばいいんです!!

今回の型紙は説明書の塗装図を拡大コピーして作りました。
コピーした塗装図から迷彩の部分を切り取って、
これで機体をマスキングしてあげましょう。
迷彩のフチのグラデーションを付ける場合は
型紙を機体に密着させずにスキマを空けてマスキングするのがコツです。



いかがでしたか?
今までせっかくSWSを買ったのに押入れにしまっていた方も
この機会にぜひSWSを作ってみましょう!
1/48 Ta 152関連 : comments (1) : trackback (x)

この記事へのコメント:

拡大コピーは何パーセントくらいが適当ですか?

記事ではエアブラシで塗装していますが、私は筆塗りのため以下手法にします。

1.型紙の模様をカッティングマットに二枚重ねで貼ったマスキングシート(テープ)にカーボン紙で写します。
2.模様に合わせてナイフで切り取ったマスキングシートをカッティングマットから機体に貼り変えます。
3.「ぼかし筆」に取った塗料を布等で軽く拭きとります。ウェザリングと同じの要領ですが、それ程沢山拭き取る必要はないと思います。
3.マスキングの境目にその筆をトントントンてな感じで機体に色を置いていきます。力加減や筆の向きは自分で体得してください。

これを何回か繰り返してマスキングを剥がすと通常の筆の塗り分けよりは境目が「ボヤッ」とします。
マスキングを二枚重ねにするのは「ボヤッ」が出やすいからですが、三枚にすると模様に合わせて切るのが難しくなります。

手間隙かかる割りには「作った本人しか分からない」的手法ですが、エアブラシが無くてもそれなりにプラモ作りは楽しめます。
中年万年ビギナーさんURL07/Sep.2014 [Sun] 10:553QnuG2TM

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。