Weblog

SRS DCC運転の楽しみ方

みなさん、こんにちは。開発者見習いEでっす。
8/17〜19に東京ビッグサイトで開催された国際鉄道模型コンベンションへのご来場誠にありがとうございました。
公式サイトにご来場・ご参加者数が発表となっております。
その数なんと4万950人!
過去2番目に多い数だそうです。ご来場誠にありがとうございました。
造形村ブースも絶えずご覧いただき、質問ご意見が飛び交っておりました。
今後もSRS EF13凸形にご期待ください♪

さて今回は、SRSの標準となっているDCCの楽しみ方をご紹介しますよ〜。



運転手に憧れているあなたは、「つづきを読む」をクリック!

***************************************
SRS DD54 のDCCサウンドデコーダーセットもいよいよ発売間近!
年内の発売を目指して、音の調整も最終段階です。
もちろん第3弾EF13凸形にもDCCコネクタを標準装備。サウンドデコーダーも発売予定ですよ。

今回は既に発売となっているSRS 0系新幹線 のサウンドデコーダーを楽しみましょう!

ご用意いただくのは、
造形村 SRS 0系新幹線 基本セット
造形村 SRS 0系新幹線専用 DCCサウンドデコーダーセット
KATO D101(基本セット) ※コントローラー
KATO UT4 スロットル  ※増設コントローラー
KATO レール(フィーダー線路含)


KATO D101
ボタン(ファンクションキー)が9までしかありません。
ボタン(ファンクションキー)は8までしかありません。
※ボタンは「9」までありますが、数字入力用でファンクションキーとして使用できません。(2013.08.02訂正)



KATO UT4 スロットル
これを増設することで、F12までのサウンドを出すことが可能になります。

■0系新幹線のモーター車にサウンドデコーダーと付属のスピーカーをセットしてください。
 (組み込み方法は、DCCサウンドデコーダーセットの説明書を参照)

■レール、コントローラーを接続し、車両をレールに乗せます。
 (接続方法、設定等はKATOのコントローラー付属説明書を参照)

■さあ、設定が終わったら早速サウンド運転を楽しみましょう!

DCCサウンドデコーダーには、「ファンクション」と呼ばれるボタンへの割り振りが決まっています。
コントローラーのボタンを押すことで、好きなタイミングで好きな音を出すことが可能です。

★ファンクション一覧
F0  ライト  ON/OFF
F1 サウンド  ON/OFF
F2 タイフォン (長)※ボタンを押し続けている間、鳴り続けます。
F3 タイフォン (短)
F4  ベル   (ATC指示音)
F5 ブレーキ解放音
F6 待避線用低速モード ON/OFF
F7 フランジ音
F8 コンプレッサー作動音
F9 ドア開閉音
F10 エアバルブ解放音
F11 発車ベル音

★走行中のサウンドについて
車両の加速に合わせてモーター音が加減し、自動でフランジ音が鳴ります。
またある程度の速度からの制動操作でブレーキ音が鳴ります。

★では、サウンドを思いっきり使って出発進行!
 実感的な運転手順の一例をご紹介いたします。

1.F1 サウンド起動
2.F8 コンプレッサー作動開始
3.F0 ライト点灯
4.F9 ドア開放
5.F4 ATC指示音(70km/h指示)
6.F11 発車ベル音
7.F9 ドア閉鎖(喚呼:「戸締り点灯」「信号70」「時刻よし」)
8.F5 ブレーキ解放(喚呼:「緩解よし」)
9.F3 警笛吹鳴(タイフォンを鳴らす)
10.発車。ゆっくりと加速してください。
11.速度に応じて、F4のATC指示音を鳴らして喚呼を行ってください。
   (喚呼例:「信号110/160/210/」「制限90」など)
12.F2のタイフォン(長)はボタンを押し続けている間、鳴り続けます。
13.速度を落として停車します。
  (喚呼:「信号50確認」「編成○○(編成番号名)○○両」「○○(駅名)停車。○○時○○分」)

※この運転例は、DCCサウンドデコーダーセットの説明書にも記載されているので、運転の参考にしてくださいね♪

サウンドが付くと、より一層臨場感あふれる運転が楽しめますね!
さあ、サウンドを使って、DCC運転を楽しみましょう!
0系新幹線 : comments (3) : trackback (x)

この記事へのコメント:

はじめまして。
質問があります。

0系のDCC化ですが、デコーダーは
モーター車すべてに搭載が必要ですか?
通電カプラーで制御するのは、ヘッド&テールライトのみと解釈したら良いでしょうか?
初心者な質問で申し訳ありませんが、御回答、よろしくお願いします。
noriさんURL07/Sep.2012 [Fri] 10:316x8Ue5Zg
>nori様
ご質問誠にありがとうございます。
以下回答させていただきます。

>デコーダーはモーター車すべてに搭載が必要ですか?
はい、必要です。
モーター車にDCC用21ピンコネクタを搭載しております。
造形村では、デコーダーとスピーカーをセットにした「DCCサウンドデコーダーセット」をSRS0系新幹線のオプションパーツとして販売しております。
走行音やタイフォンなどのサウンドをお楽しみいただけますのでおススメです。
セットのDCCはESU社製21ピンデコーダーです。お客様ご自身で21ピンデコーダーをご用意いただくことも可能ですが、アフターサービスも安心のSRSオプションパーツを推奨させて頂いております。


つづく…
開発者見習いEさんURL21/Sep.2012 [Fri] 18:09yV7ClBPQ
>nori様 つづき…

>通電カプラーで制御するのは、ヘッド&テールライトのみ?
照明関係では、ヘッド&テールライトのON・OFFのみとなります。
室内灯は標準装備ですが、DCCでのON・OFFには対応しておりません。常点灯となります。ご了承ください。


以上となります。
敷居が高いと思われがちなDCCですが、SRSでは、コネクタやピンをはめるだけで簡単にDCCをお楽しみいただける工夫をしておりますので、初心者の方でも大歓迎でございます。
私の解説もまだまだ至らない点多々ございますので、ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

全国のボークスSR、ホビースクエア®京都、通販隊、ウェブサイト、SRSフレンドショップ様にて絶賛発売中です。ぜひご検討下さい♪
開発者見習いEさんURL21/Sep.2012 [Fri] 18:21yV7ClBPQ

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。