Weblog

SRS第3弾「EF13凸形 電氣機関車」ついに予約開始!!

皆様こんにちは、
ホビー企画室のハラダです。

大変長らくお待たせいたしました。
2012年8月17日(金)〜19日(日)開催
第13回国際鉄道模型コンベンション(JAMコンベンション)でも話題となった
SRS第3弾「EF13凸形 電氣機関車」



ついにこちらのご予約が3月2日(土)から開始!!

第2次世界大戦中に開発された電気機関車が
プラスチックという魔法の素材を使ってSRSで詳細に再現!!


車体は全部で3種類!!
その詳細は続きをクリック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓

■EF13凸 戦時型

価格:39,900(税込)
(原型・PS13パンタ装備)



■EF13凸 前期型

価格:39,900(税込)
(一次改装後・台型端梁・補機室天蓋有り
)


■EF13凸 後期型

価格:39,900(税込)
(一次改装後・角型端梁・補機室天蓋無し)


当時の数少ない資料から読み解といた構造を、
細部にまでこだわり精密に再現。


既に発売中のSRS 第1弾「0系新幹線 0番台」、第2弾「DD54」同様、貴方の心の中の鉄道風景を、
是非SRS「EF13凸形 電氣機関車」で描いて下さい。
EF13凸形 省形電気機関車 : comments (2) : trackback (x)

この記事へのコメント:

期待してますよォEF13。
前回のDD54は、正直ディテールのホリが浅かった感。
模型はスケール忠実もさることながらモディファイも大切。よりリアルに見せる(人間の目でそう見える)心も必要ですね。プロの方に申し上げるのもナンですが・・・。
次は、関西ゲタ電を期待します。京都側先頭にクロハの付いた4連とか、70系流線型もゲタ塗で混ざって運用されていた昭和30年代?の姿。それに合いの子が絡んだり、バリエーションは無限に広がりますねェ。ヨダレが出ます。プラ製で軸箱可動台車、なんて挑戦して欲しいです。失礼しました。
いつかはひくぞうさんURL08/May.2013 [Wed] 9:13wjidnQSE
またまた失礼いたします。EF13,なかなかよかったです。
ほぼ期待どおり。専業の模型屋さんとはチト違う雰囲気の仕上がりも新鮮でした。但し、ほぼ、と申し上げる点はあります。所詮リアルスケールでない16番ですから仕方ないのですが、車輪回りが面白くない。特に先輪。目立つところだけになんとかして欲しかった。世の中にはもっとリアリズムを、と13ミリゲージにこだわっている方々がいます。バルク製品でそれは無理としてもそんなムードは欲しいもんです。
草むし錆びの出たレールで一人たたずむEF13。そんな風景が似合う。その時は13ミリでしょう?
13ミリ化改造をします。
いつかはひくぞうさんURL03/Mar.2014 [Mon] 23:41jbfV8s0.

コメントする:










株式会社 造形村

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。