造形村 SUPER WINGS SERIES®「震電」発売記念コンテスト「震電コン」結果発表!!

改造部門

大賞:【57㎜ホ-401搭載震電改重装備型】

大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】 大賞:【57mmホ-401搭載震電改重装備型】

小林修様 [ 改造部門・ホビースクエア京都 ]

  • もちろん大口径ホ-401(57㎜砲)が搭載されているところでせっかく他の30㎜砲も積んでいるのでこれを活かす意味で、ネ-20改の双発にしてみました(各種可動箇所有り)。完成後の感想は「こりゃ重くて飛べそうにない!」。B-29迎撃は無理か!?

開発者評

  • インパクト: テクニック: アイディア:

    これはスゴイです。最初、カラーリングから、「ウルトラメカ?」と思ってしまいますが、良く見ると、57㎜乗っけて、重量過多はジェットで補って、推力足りないから双発にして、そしたら胴体後部が空くので三座にして、と非常にまじめに良く考えられています。そうしてみると、このカラーリングも、当時の最先端として非常に似合っている事に気付かされます。見れば見るほど、フムフムと見入ってしまう、素晴らしい作品です。



モデルアート賞:【フォッケウルフFw212ナハトイエイガー】

モデルアート賞:【フォッケウルフFw212ナハトイエイガー】 モデルアート賞:【フォッケウルフFw212ナハトイエイガー】 モデルアート賞:【フォッケウルフFw212ナハトイエイガー】 モデルアート賞:【フォッケウルフFw212ナハトイエイガー】 モデルアート賞:【フォッケウルフFw212ナハトイエイガー】  
  • 青池大輔様
    [ 改造部門・ホビースクエア京都 ]

    ドイツに図面が渡りルフトバッフェが採用した。レーダー付夜戦という設定にてJumo213Aを搭載しました。機械的考証に基づき製作しました。各アクセスパネルが可動となっています。

  • 開発者評
    アイディア:
    テクニック:
    バランス:

    エンジンを使い慣れたユモ系列に変更するという点からはじまってパネルの開閉方法の変更、さらにコクピットのシート換装など、非常に良く考証された作品です。でも、もし震電をドイツがライセンスするならば、ゴータかブロムウントフォスだと思う開発者Mでした。



入賞:【双胴震電】

入賞:【双胴震電】 入賞:【双胴震電】 入賞:【双胴震電】 入賞:【双胴震電】 入賞:【双胴震電】  
  • 醤油皿様
    [ 改造部門・神戸ショールーム ]

    二つ繋げてツイン機にしてみました。中央の翼はキットの主翼を元に形状を変更しています。ジェットエンジンはハセガワのMe262のものを流量。塗装は間延びしないようにグラデーション塗装、塗り分けを少し変えています。
    日の丸や敵味方識別帯は塗装で仕上げてみました。

  • 開発者評
    アイディア:
    テクニック:
    インパクト:

    まずアイディアに脱帽です。さらにそれを実際に完成させたテクニックがまた素晴らしいです。これだけ手が入っていながら、清潔感のある仕上がりも見事。トータルで非常に高い所にある素晴らしい作品です。



応募作品

【震電カットモデル】
【震電カットモデル】 【震電カットモデル】 【震電カットモデル】 【震電カットモデル】
  • 竹内勝弘様
    [ 改造部門・ホビースクエア京都 ]

    緻密に再現された内部構造を何とか完成後も見れないだろうかと考えた結果「カットモデルだっ!」と思い製作しました。

  • 開発者評

    まさにSWS震電のコンセプトを体現したかのような作品です。実際に作るとなると非常に手間のかかるカットモデルをここまでの完成度でまとめ上げたテクニックが素晴らしいです。

 
【フルタンク・フル爆装】
【フルタンク・フル爆装】 【フルタンク・フル爆装】 【フルタンク・フル爆装】 【フルタンク・フル爆装】
  • にしやん様
    [ 改造部門・ホビースクエア京都 ]

    タミヤ零戦から爆弾を流用したお手軽仕様です。ファレホ使用しました。ファレホAirは薄める必要がなくて作業が楽でした。パーツ数はすごいですが作っていて楽しいキットでした。

  • 開発者評

    よくぞ作ってくれた、と開発陣感激です。翼面下のハードポイントと増漕取付架は設計の際、構造解析したものの、コスト増からパーツ化を見送ったという経緯があるだけに、嬉しさ半分、悔しさ半分。やっぱりフル装備はカッコいいですね、やっときゃよかった。

     
【強襲!!急速上昇】
【強襲!!急速上昇】 【強襲!!急速上昇】 【強襲!!急速上昇】 【強襲!!急速上昇】
  • N2-Craft様
    [ 改造部門・ホビースクエア京都 ]

    どうしても飛行状態を再現したくて、車輪・脚柱を収納状態に改造しました。

  • 開発者評

    やっぱり飛行機は飛行姿勢がサマになります。でも高いキットを飛行姿勢にするのは結構勇気が要りますよね、実際の所。それに果敢にチャレンジしていただいたというだけでも嬉しいです。「良くぞ飛ばしてくれました」

 
【戦場まんが?!「震電」】
【戦場まんが?!「震電」】 【戦場まんが?!「震電」】 【戦場まんが?!「震電」】 【戦場まんが?!「震電」】
  • マッキー様
    [ 改造部門・広島ショールーム ]

    勝手に某戦場まんが風震電を妄想しました。考証などは深く考えずに私の好きなアニメ・特撮のSFメカの要素を取り入れて創ってみました。テクニック無用の筆塗り(ムラ!)による混沌とした?機体を見て下さい。
    追記:エンジンカウル、上部外板は外れます。また前翼(左右)を外すと機首も外れます。機銃カバーは接着していません。(やっぱり後で中が見たいから!)

  • 開発者評

    色が非常に素晴らしいです。なぜかは判りませんが、「戦場まんが」といえば、そう、こんな色だよなあ、と納得させるカラーリングです。なにげに翼面形状が変更されていたり、機首から波動砲撃ちそうな所もポイント高いです。

     
【震電改】
【震電改】 【震電改】 【震電改】 【震電改】
  • You様
    [ 改造部門・金沢ショールーム ]

    いつもはAFVモデルばかり作っていてエアモデルはこれが初挑戦です。戦車などとは勝手が違い色々と勉強できました。ジェットエンジン装備型というまったくの架空機を使い古した感じにしたのが面白いと思います。ファレホのピグメントを主に使いました。

  • 開発者評

    きれいにまとまった作品です。大阪風に言うなら「シュッとした感じ」です。普通、こんだけ出来ていれば入賞モノですが、今回レベル高すぎです。すみませんー。

 
【ボークス×フェラーリ】
【ボークス×フェラーリ】 【ボークス×フェラーリ】 【ボークス×フェラーリ】 【ボークス×フェラーリ】
  • 長靴下のピュッピさん様
    [ 改造部門・金沢ショールーム ]

    リノ・エアレースに突如企業のフェラーリが参戦!スミソニアン博物館の震電をレストアしメインスポンサーはボークスと造形村!・・・だったらいいな~という妄想をしながら作りました。アフターパーツをかなり使ったほか、デカールも白と透明タイプを使ったので、ネタの割りにお金がかかりました。時間に余裕が無く、表面のデカールがぼこぼこしているのが残念ですが楽しんで頂けたらと思います。一番の見所は「造形村」と「ボークス」のロゴが大きめな所です!!

  • 開発者評

    フェラーリといえば、カバリーノランパンテをつけたF-104が有名ですが、このフェラーリ震電も非常に「ありそう」でいい感じです。もうちょっと赤が深い色ならば最高でした。

     
【夜戦震電】
【夜戦震電】 【夜戦震電】 【夜戦震電】 【夜戦震電】
  • 安部豪様
    [ 改造部門・ホビースクエア東京 ]

    迷彩とアンテナ。他にもやりたい事がたくさんありましたがサラリーマンには時間が無くて大変でした。

  • 開発者評

    短い期間でも、これだけの作品をお作りになられるとは、お見事です。迷彩もドイツ機っぽくもあり、また2式双戦などの帝国陸軍機っぽくもありいい感じです。

 
【噴式発動機ネ-20超試作】
【噴式発動機ネ-20超試作】 【噴式発動機ネ-20超試作甲型】 【噴式発動機ネ-20超試作乙型】 【噴式発動機ネ-20超試作丙型】 【噴式発動機ネ-20超試作丁型】
  • 多摩の貴公子様
    [ 改造部門・ホビースクエア立川 ]
    1.パイピングにこりました。前部にカバー等付けてみました。
  • 2.パイピングと発動機補機を追加してみました。前部にカバー板を付けました。
  • 3.パイピング、補機、ノズルを追加してみました。前部にカバー板を付けました。
  • 4.パイピング、補機、アフターバーナー、ノズルなど追加してみました。前部にカバー板を付けました。
  • 開発者評

    なんとエンジンだけでこんなにも楽しめるという、イマジネーションあふれる作品です。アフターバーナー付けるのは開発陣も考えていなかったです。アフターバーナー付けたエアレース仕様などカッコいいだろうなあと思います。

 

 

株式会社 造形村