SWS 1/48 scale F-4G WILD WEASEL V

●Product Spec

待望のF-4G ワイルドウィーゼル V ついに登場!
F-4Gとは、F-105Gの後継機としてF-4Eを改修したSEAD(敵防空網制圧)任務専用機。AN/APR-38など各種センサー類で敵のSAM(地対空ミサイル)サイトの追跡/誘導レーダーまたはレーダーサイトから発射されるレーダー波とその位置を探し出し、AGM-45、AGM-78、AGM-88などの対レーダーミサイルで攻撃するのが主な任務で、獲物を求めて地面を這うイタチにみたてて、通称“ワイルドウィーゼル”と呼ばれる。ワイルドウィーゼルとして最も成功した機体と言われているF-4Gを、その正確な外観形状と細部まで徹底再現。組み立てながら各型比較を存分にご堪能いただけます。

1/48 F-4G ファントムⅡ ワイルドウィーゼル V
スケール1/48スケール
商品仕様インジェクションプラキット(グレー・クリア2色成型)
パーツ数509パーツ
予約受付2022年5月28日(土)7月3日 8月7日(日)
発売日2022年7月23日(土) 8月予定
価格8,690円(税込) 本体価格:7,900円
取扱店全国のボークスSR秋葉原ホビー天国2ホビースクエアオンラインストアSWSフレンドショップ

購入

【予約受付】
2022年5月28日(土)7月3日 8月7日(日)

SWS 1/48 F-4G ワイルドウィーゼル Vの特徴とは!

1/48 F-4G WILD WEASEL V Side view
「F-4G ワイルドウィーゼル V」3大ポイント
SWSでは「F-4」ロングノーズタイプの中からE前期/後期、EJ/EJ改、F/F ICE、Gの7種をラインナップ。さらなる進化を遂げたロングノーズタイプのF-4シリーズを完全網羅すべく、ワイルドウィーゼルとして最も成功した機体と言われている「F-4G」を、その正確な外観形状と細部まで徹底再現。組み立てながら各型比較を存分にご堪能いただけます。
対空レーダーサイトと地対空ミサイル陣地の発見及び制圧を目的としたSEAD(敵防空網制圧)任務専用機、通称“ワイルドウィーゼル”ついに登場!SWSキットを組み立てながら、目標とする敵対空防衛網の注意を自分に向けさせるという危険な役割を、自ら買って出ているF-4Gの雄姿に思いを馳せるのもまた一興です。
F-4G, 52nd TFW, 81st TFS, Sr.no.69-7268 Spangdahlem AB, Germany July 1987
旧西ドイツ、シュパンダーレム基地に駐留していた第52戦術戦闘航空団、第81戦術戦闘飛行隊所属のF-4G。Sr.no.69-7268、1987年のマーキングを採用。この機体は1987年の夏頃、第81戦術戦闘飛行隊の隊長機に指定されていました。また、左インテーク側面に描かれた特徴的なブラックパンサーのマークは第81戦術戦闘飛行隊のマスコットです。機体下面を含めて全体を3色で塗ったヨーロピアンワン迷彩にもご注目!
1/48 F-4G WILD WEASEL V Top view

各部解説

コックピット
1/48 F-4G:コックピット
危険な敵防空網制圧任務をこなすF-4Gの操縦系統とは。
F-4E/G型では、FCS(火器管制装置)は小型で振動に強いAN/APQ-120に換装された。海軍型で前席のみだった操縦装置を後席にも追加し、WSO(兵器システム士官)も操縦可能にした点はC/D型と同様で、複操縦式にすることで機体の生存性が高まるだけでなく、新たに練習機を作る必要がないなど運用上のメリットももたらした。SWSキットではG型特有の後席用計器盤上部を覆うフード形状まで詳細に再現。フードを避けるように取り付けられた後席バックミラーまで抜かりなし。自らを危険にさらしながらもSEAD任務にあたる兵士の心情に、思いを馳せるのも一興です。
武装
1/48 F-4G:武装
敵防空網制圧任務に必要とされたワイルドウィーゼルならではの武装とは。
F-4Gでは、ロングノーズ型の特徴だった機首下面のM61A1 20mmバルカン砲×1門は外され、ワイルドウィーゼルとして新たに設けられたアンテナフェアリング内にはレシーバー類が収納されている他、敵レーダー波を警戒・補足・分析するため、機体各部に大小様々なアンテナを多数装備している。兵装面では胴体下のミサイルベイにAIM-7Eを最大4発搭載できるが、通常は後部のSta.3/7に2発を搭載。機首下左側のSta.4にはAN/ALQ-119やAN/ALQ-131などのECMポッドを搭載する。主翼下パイロンにはAGM-88を2発(最大4発)とAIM-9を4発搭載できるが、G型では搭載例が少ない。
エンジン
1/48 F-4G:エンジン
各型の差異まで詳細に再現された傑作エンジンにご注目。
F-4の搭載エンジンは基本的にジェネラルエレクトリック製J79の1種のみ。ベース機となったC/D型搭載のノズルが短いJ79-GE-15(最大推力7,710kg)から、G型ではE型と同じノズルの長いJ79-GE-17(最大推力8,120kg)へと換装され、いずれも火薬カートリッジで始動可能。SWSキットでは先端のノーズコーンとガイドベーンは別パーツとし、-15/-17の特徴であるサポートフィンをまで詳細に再現。ノズル部分は新たに前後2分割として奥行きと実感を再現、そして開閉両方のパーツを入れて選択可能となっている。垂直尾翼先端に新たに設けられた、AN/APR-38/-47後方警戒アンテナを搭載するための砲弾型フェアリングにもご注目。

SWS 1/48 F-4(long nose)アフターパーツ

SWS48-12

SWS48-12-F01
航空自衛隊 通常姿勢着座パイロットセット

  • 仕様:レジン製キット
  • 商品内容:パイロット×2
  • 価格:2,970円(税込)本体価格:2,700円

ご購入はこちら

2022年2月19日(土)発売

SWS48-11

SWS48-11-M01
F-4EJ改 エッチングセット

  • 仕様:エッチングパーツ、挽き物製キット
  • 商品内容:計器盤など
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

SWS48-10

SWS48-10-M03
F-4E Early/EJ エッチングセット

  • 仕様:エッチングパーツ、挽き物製キット
  • 商品内容:計器盤など、説明書付
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

SWS48-10-M02
F-4E/EJ/F/G 自重変形タイヤ

  • 仕様:レジン製キット
  • 商品内容:前輪×2、主輪×2、説明書付
  • 価格:1,320円(税込)本体価格:1,200円

ご購入はこちら

SWS48-10-M01
F-4E/EJ/F/G メタル脚柱

  • 仕様:ホワイトメタル製キット
  • 商品内容:前脚×1、主脚×2、説明書付
  • 価格:1,760円(税込)本体価格:1,600円

ご購入はこちら

造形村コンセプトノート(攻略本)

造形村コンセプトノート
SWS No.Ⅸ F-4J/S ファントムⅡ

  • ページ数:カラー64P
  • 対応言語:日英両対応
  • 価格:1,100円(税込)本体価格:1,000円

ご購入はこちら

SWOP 1/48 ジオラマベース

SWOP 1/48 ジオラマベース07
岩国基地

  • 仕様:レジンキャスト製 / 塗装済み完成品
  • 商品内容:ジオラマベース×1
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

※航空機とホビーベース(木製)は別売りです。

SWOP 1/48 ジオラマベース06
ウボン基地

  • 仕様:レジンキャスト製 / 塗装済み完成品
  • 商品内容:ジオラマベース×1
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

※航空機とホビーベース(木製)は別売りです。

SWOP 1/48 ジオラマベース05
ケフラビック基地

  • 仕様:レジンキャスト製 / 塗装済み完成品
  • 商品内容:ジオラマベース×1
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

※航空機とホビーベース(木製)は別売りです。

SWOP 1/48 ジオラマベース04
CV-41 飛行甲板

  • 仕様:レジンキャスト製 / 塗装済み完成品
  • 商品内容:ジオラマベース×1
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

※航空機とホビーベース(木製)は別売りです。

SWOP 1/48 ジオラマベース03
CV-64 飛行甲板

  • 仕様:レジンキャスト製 / 塗装済み完成品
  • 商品内容:ジオラマベース×1
  • 価格:2,200円(税込)本体価格:2,000円

ご購入はこちら

※航空機とホビーベース(木製)は別売りです。

ページの先頭に戻る