■英国IPMS テルフォード 参加報告その1

行って参りました! 憧れのIPMSテルフォードに!

 SWSファンの皆さまコンニチワ! 行って参りました! やはり英国IPMSのテルフォードは凄かった!!!
何が凄かったかって?!
何はともあれまずはこの写真から御覧下さい!

ほら~~~~~っ!!!!!

「おっとおおお~~~!!  これは一体いいいいいい~~~!!」

なんと?!あの造形村SWSブースの人だかりの正体は、予約しておいたSWSキットを受け取りに、またはキット購入のためにできた 長蛇の行列だったのです!!スケールモデルでこんな行列ができるなんてことがありえるのでしょうか?!アンビリーバボー!!

造形村ブースの設置されたホールに入る前から感じる違和感…「な、なんだあの人だかりは??」近づいてみると…。

ぎゃ~~~~~っ?!ブースにも入れないくらいの人だかりの正体は、SWSキット購入のための行列でした!!

朝早くからお並びいただいたお客様に元気良く挨拶とお礼をしながら、販売開始の準備のためにブース入りします。

今回の目玉であるスカイレイダーを始めとする、すでにご予約済みの「RESERVED」の札が貼られたSWSキットの山!

事情の分からない他のご来場者様たちも「何だ?何かやってるのか??」と不思議に感じてか周囲に集まってきます♪

隣のブースの皆様ごめんなさいっ!行列はどこまでも続きます…。ご予約された皆様の分はちゃんと確保してありますよ♪

ようやく準備も整い、ご予約されたお客様のお名前を確認しながらお渡しスタート!皆様キットを手にした瞬間安堵の笑顔が♪

エンドレス?!行列が減ったかと思うとすぐにまた最後尾にお客様がつながっていきます!総司令官もちょっとハラハラしながら見守ります。

親子でスカイレイダーと爆装セットを一緒にお引き取りに来られたお客様♪ホビーで深まる家族の絆って素敵ですよね♪

なんとも豪気!MD3やメタル脚柱&自重変形タイヤ、爆装など、アフターパーツ一式とスカイレイダーをまとめてご購入いただきました♪

こちらはTa152を攻略本やアフターパーツごとまとめてご購入!お目が高い!やっぱりドイツ機はイギリスでも大人気ですね♪

こちらはTa152と震電をセットでご購入!震電飛行セットも一緒にご購入いただき、「フィギュアがとてもいいね!」とご満悦の様子でした♪

まさかこんなことになっているとは??!!

 そうとは知らないノー天気な我々がブースに到着するやいなや、ブース前に陣取った皆さん達が口々に机の上のSWSキットの山を指さしながらわいわい声をあげています。

 そう!そこには昨晩の内に我々が準備して置いた、ご自分達の名前が貼り付けられた「SWSの予約キット」が山積みになっていたのです。

 私のこのブログを通じてご予約をしていただいた方や、IPMSの実行委員会を通じて事前にご予約をされた方が、もうすでに早朝から行列を作ってお待ちいただいていたということだったのです!!

 なんて言う事でしょう!! いきなりこの直後から、造形村スタッフ5名全員は、各人の手荷物をブース内に置く間も無く、壮絶なるテルフォード会場の販売戦線のまっただ中に突入していったのです。

 今にして思えば、この行列の意味こそは、SWSがプラスチックという素材を使って、本物の飛行機をスケールモデルという形で再現しようという、言わば「未知なる領域への挑戦」だということを、もうすでにテルフォードに参加された多くのモデラーさん達は判っていて下さった何よりの証拠だったのではないでしょうか。

 さすがは英国IPMS! さすがはこのテルフォード会場に参加の皆さまはお目が高い!

 とは申せ、なにしろ今回が初参加の我々5名!これなら十分開場時間に間に合うだろうと、そこそこ時間を見てホテルを出たのです。 が、それが甘かった! なんと会場を目前に、そこに向かう車の群れにガッチリ阻まれてしまったのです。 会場周辺の道路は早朝から交通渋滞が発生していたのです。 そうとは知らない初参加の我々の悲しさよ。

 渋滞を抜け、やっと駐車場のゲートをくぐることができたのはもう開場時間までぎりぎりの時間!!!

 全員ころげるように会場へ!そして自分達のブースまでやっとのおもいで滑る込むことが出来たのです。

 そして午前10時の開場から早くも数時間!! 未だに我が「ZOUKEI-MURA」のブース前では混戦模様が続いたままであります。 引きも切らないモデラーさん達の訪問が続ているのです。

 すでに来場者は数千人にもなっているのでしょうか。広大な会場内全体が凄い活気で満ちあふれています! モデラーの熱い視線や期待に膨らんだ心の内が笑顔と動きに現れています。 写真を撮ろうにも順番待ちが続いたままです。

 IPMSテルフォードの開場の喜びを噛みしめる間も無く、造形村ブースでは質問や希望やそして提案の嵐がそこかしこから次々に飛んできます!

 中には
「予約なんて知らなかったぞ!」
「キャンセルは何時判るんだ!」
「何故もっと持って来なかったんだ!」
 そしてある人などは
「メールオーダーでは関税で2倍くらいの価格になるんだ!」
 と抗議に続いて
「どうして早く取り扱い店を増やさないのか!」
 と実に建設的な意見をぶつけてくれます。
 中には
「箱にサインをしてくれ!」
 はたまた
「エンジンだけの別売はしないの?」
「フィギュアーだけがほしいんだけど?」
 そして「P-51はいつ頃手に入るのか?」
「その次の雷電は?」
「そのまた次は?」
 と、もう応えるだけで精一杯の時間が過ぎて行きます。

 楽しい会場報告はまだまだいっぱい! 順を追ってご紹介して参ります。

 今回のブログでは、まずは開催一日目の瞬間の雰囲気をお楽しみ下さいね!

会場前の「ラウンドアバウト」(ロータリー)から延々と続く大渋滞?!まさかこんなに混雑するなんて…開場に間に合うのか?!

正面入り口前の駐車場はもう一杯!イギリスでは毎回同じ場所で開催のようなので、慣れた人たちは一足先に会場入りしているようです。

不慣れな私たちもようやく駐車できたので場内へと急ぎます。この時点では「お客様たくさん来てるといいな♪」と思ってましたが…。

この時点でもまだ「へ~結構入場者数多そうだな~♪」くらいに思ってましたから、ブースの人だかりを見た時は本当に驚きました!

 さてさて次回のブログでは一体どんな光景を皆さまにご案内できるやら!! お楽しみに!!

数時間経ってようやく行列は落ち着きましたが、その後も造形村ブースへお越しくださったお客様の波はひっきりなしでした♪

まだ何人かお引き取りに来られてないお客様が少しいらっしゃいますが、本日中のお取り置きなのでお早めにお越しくださいね♪

IPMSコンテスト会場もすでにたくさんの超絶素晴らしい作品と、それを楽しみに見に来たお客様でごった返してます♪

会場内もすでに超満員!毎年2日間で数千人のスケールモデルファンが押し寄せるようです!なんてうらやましい環境なんでしょう♪

お客様の合間に開発陣宛てのメーカー様やお取引先様もどんどん訪問してきます!また素敵な出会い(コラボ)があるといいな♪

イギリス国内や近隣諸国からたくさんのIPMSメンバーや模型サークルが出展されていました♪皆様すごい技量の持ち主ばかりです!

SWS第6弾!! 鋭意進行中!!!

そしていよいよこのブログから、SWSの第6弾目の「機種当てクイズ」が始まります!

 おかげさまで早くも造形村SWSは「A-1H スカイレイダー」で3機種目の発売を完了することが出来ました。

 それは震電から始まり、Ta152、A-1H 、P-51D、と続き、目下、雷電に続く第6弾目も製作が順調に進行しています。

 SWS手法の限りを尽くして再現されたプラスチック飛行機キットの最高峰が、あなたの飛行機模型コレクションに限り無い衝撃を与え続けていることでしょう。

 その衝撃にまた新たな一つ、SWS第6弾が加わります!!

 そこで例によって皆さまにも、その開発経緯の楽しさと、SWS手法駆使の醍醐味をお裾分けいたしたく、いつものクイズによって「機種」を当てていただこうと企画を致しました。

 ぜひ今度こそは見事正解をいただき、素敵な賞品を獲得して下さいね!!

あなたからのどしどしのご応募をお待ちしています?。

  では!!!

SWS第6弾 機種名当てクイズ

【問題】
漆黒の闇夜の空の守護神
「真夜中の○○ ○○○○○ ○e○○○ ○ー○ー」

さあ、○の中にカタカナと漢字、そしてアルファベットの文字を入れて、SWS第6弾の機種名を見事に当てて下さい。

 ご当選者の中から抽選にて3名の皆さまに、SWS第6弾の新発売商品を1セット。賞品として贈呈いたします。

■ご応募の方法
※対象者を誰でも可に、応募方法については第五弾までと同じ郵送での応募に加え、今回の専用メールアドレスにて受付。
【郵送でのご応募】
官製ハガキに住所・氏名を明記の上、ボークス本社までお送りください。

送付先:
〒600-8862 京都府京都市下京区七条御所ノ内中町60
株式会社ボークス 「SWS第六弾 機種名当てクイズ」 係
【メールでのご応募】
機種名当てクイズ応募専用下記アドレスまで住所・氏名を明記の上お送りください。

宛先:sws_quiz@zoukeimura.co.jp
件名:SWS第六弾 機種名当てクイズ応募

※クイズ応募専用アドレスとなります。
■応募期限
2012年1月末まで。
■当選発表
ご正解者様を造形村Webサイト(本サイト)上にて告知いたします
■賞品贈呈
賞品は誰よりも早くキット商品版発売前にお届けいたします。

となります。
どしどしあなたからのご応募を楽しみにお待ちしております。

尚 英語圏にてこのブログを見ておられる方には、問題である日本語のカタカナなど判ろうはずがありませんね。 そこは日本のメーカー造形村がお届けするクイズ問題につき、どうかその点はご容赦くださいね。

 それともあなたなら、誰かお知り合いの日本人の友人を探し出し、解答を導き出されるのも一方法です。ぜひ挑戦してみてくださいね。

 外国からの応募はメールにて受付いたします。
sws_quiz@zoukeimura.co.jp までどうぞ。

 その他の条件は日本国内の同様です。

 それでは次回のブログ「英国IPMS テルフォード参加報告」第二回をお楽しみに!

 

造形村 オヤジ 重田英行

 

SWSへのご意見や質問、ご要望があれば
どしどしお聞かせください。

 

― オヤジブログ バックナンバー ―

 

株式会社 造形村