オヤジブログNo.041 ウーフー編 第四話 販売用の試験商品版完成

オヤジブログNo.041 ウーフー編 第四話

- 目次 -
■SWS第6弾He219ウーフーの販売用の試験商品版が完成
■いよいよ造形村が「静岡ホビーショー」に参加いたします!!
■SWSウーフーのアフターパーツご紹介

SWSキットに囲まれて、思わず笑みがこぼれてしまう私。
もうすぐあなたの元にもこのウーフーキットが届きます!!
あなたもこぼれるような笑顔を見せてくれるのでしょうか!! もうすぐですぞ!!もうすぐ!!

SWSキットファンの皆様ごきげんいかがでしょうか。

ここ北半球の日本では、春一番を告げる梅や桃、桜の花の開花が終わり、これからは初夏の花や新緑が一気に開花するシーズンを迎える季節になりました。

京都の西山を越え、その郊外にある我が家の庭にも、プラムの花、サクランボの花に続き、いまはツツジの花がその出番を待っています。

え?あなたのところはこれから秋に向かいつつあるんですって。それはそれは、いよいよ冬ごもりの準備ですね。

気温が下がるこれからは待望のホビーシーズンの始まりですね。

どうか寒さに注意の上、楽しんでくださいね。

でっかい箱にご注目!
なんたってこの中には、ドイツ空軍が誇る、夜間双発戦闘機ウーフーが入っているのですから!
わくわくドキドキの瞬間ですね。

そして昨日! とうとうSWS第6弾He219ウーフーの販売用の試験商品版が完成し、私の工作室ガンルームに配送されて参りました。
そこで今夜は、今までに発売してきたSWSキット達と一緒に記念撮影です。

うれし~~~~い~~!! 早速その仕上がりと中身の点検です!

ずっとここまで試作品を見て来たとはいえ、やはり最終販売品の仕上がりは気にかかります。
ふむふむパッケージアート良し。外箱の組み立て良し。中箱の組み立ても良し。

おお~~!! やはりこれは相当大きな箱ですなあ! 

ますますあなたの事が心配じゃ。 例の陽動作戦発動ですぞ!

しかも箱の中にはウーフーのパーツが配されたランナーがなんと17枚!

ビニール袋に入ってビッシリと収まっています。
ちなみにそのままこの箱の重量を量ってみると・・・・やはり~!! 2㎏もあります。

ま、こうしていちいち飛行機のキットセットの重量を量る人もいないとは思いますが、ここは念のため、念のため。

え?あなたはいつも量っているですって?そうですよね。私だけではないことに安心しました。

そう、重量の点でもSWSキットは迫力があるんですから!

SWSウーフーキットのプラスチックパーツは455点、透明パーツが20点、ダイキャスト脚注が3点、そして3点姿勢保持用のウエイトが1点となっています。

ほらほらほら! ビッグサイズの箱の中にはパーツがぎっしり!
ビニール袋のうえから見るだけでも一日は楽しめますぞ!

ホラ! 計器のメーターの針までが視認出来るカルトグラフ社製デカールが付属していますぞ!
アフターパーツのインテリアセットと併せれば無敵のコックピットが完成します!

そしてデカールの製造は今回、カルトグラフ社が担当してくれました。

なんと言ってもこのデカールのすごいところは、この機体の開発に協力していただいた内外のウーフーの研究家達による"確実な考証"と指示を元にした各部の注意書きまでが多数セットされていることでしょう。

勿論ドイツ語の確認は、ドイツ在住の私の友人に確認。当時の実物のウーフーマニュアルともつきあわせて出来る限り正確さを追及いたしました。

とくに主脚柱に入るプレート3種、ホイールハブの注意書き、エンジンオイルタンクに貼られた注意書きは目立つ上に、初めてウーフーキットのデカールとして再現された特筆すべきものです。

またガンパックハッチ裏側の注意書きなども見逃せないものですね。

ウーフーキットがお手元についたら、ぜひあなたの目でも確認してくださいね。

そして驚きは、なんと数字までが読めてしまう計器のデカールです。裸眼では小さくて判りにくいのですが、ルーペで見れば、おっと本当に数字までが印字されているのが判ります。

ほら、本当に計器の数字や針までが印字されていますよ。
開口部の大きなウーフーキャノピーからもそれがハッキリと読み取ることが出来ます。

さらにドイツ空軍の標識マークはモトロウ大尉機から選択いたしました。

これらウーフーの国籍マークの選択には、開発チームは本当に苦労をいたしました。
なにしろドイツも敗戦のどさくさで、鮮明な写真が少なく、またあったとしても連合軍が撮影した機体が多く、それらもとんでもないピンボケの写真ばかりです。

日本をはじめ、各国のウーフー研究家のご協力がなかったらとてもここまでのデカールは完成しなかったに違い有りません。

この場を借りまして、ご協力いただいた皆さんに厚く御礼を申しあげます。

○ニュルンベルグトイショー 造形村ブース


いよいよ造形村が5月16日~19日までの4日間(一般の入場日は5月18日、19日の二日間です)
「静岡ホビーショー」に参加いたします!!

日本の模型メーカーの総本山、それは日本の静岡。 

ここで開催されてきた伝統ある静岡ホビーショウに、とうとう造形村がSWSキット他をひっさげて初参加をいたすことになりました。

毎年楽しみに参加をしてこられた方も多いことでしょう。今年はぜひ、私達造形村&ボークスのブースにも足を運んで下さいね。

ブースにはSWSキットを始め、HO鉄道模型、ブロッカーズやキャラグミンなど、最新のホビー商品を展示する予定です。またSWS開発チームも参加の予定です。

そして、ここで気になるSWSウーフーのアフターパーツのご紹介をしておきましょう。

5月20日までに発注いただければキットの中に同封して発送することが可能です。 すでにWeb注文をすませた方もどしどし下記のアドレスまでアフターパーツの注文をお待ちしております。

ボークスウェブサイトストア ホビー天国ウェブ

[SWS06 He 219 Uhu ご予約オーダーシート ※受付終了 ]

※造形村ウェブサイトにて事前ご予約いただいたお客様は個別にお送りしております
「件名:SWS He 219 A-0 Uhu 事前予約から本予約への切換え手続きのご案内」メールの内容をご確認ください。

尚、5月20日以降のご注文の場合は送料が別途にかかりますので、ご了承ください。

さて、ウーフーをよりウーフーらしくするそのアフターパーツの種類の豊富さにご注目ください!!

○SWS06-M01 メタル脚注(G-Factor社製メタルパーツ)
キット付属のダイキャストパーツよりもさらに詳細なディティールにご注目!
前脚×1、主脚×2に加え、脚収容庫カバー内側用のガイドレールも同梱なので、より実機らしく足周りをデコレートすることが可能です。

○SWS06-M02 自重変形タイヤ(パターン無し、G-Factor社製レジンパーツ)
前脚用×1、主脚用×4(片側2輪のため)。
一般的なトレッドパターンなしのタイヤが機体重量を吸収して、左右に潰れて膨らんだ形状をリアルに再現。
メタル脚注と合わせれば、より強度と安定感、さらに実感を高めます。

○SWS06-M03 自重変形タイヤ(パターン有り、G-Factor社製レジンパーツ)
前脚用×1、主脚用×4(片側2輪のため)。
タイヤが機体重量を吸収して、左右に潰れて膨らんだ形状をリアルに再現。特徴的なトレッドパターンにもご注目!
メタル脚注と合わせれば、より強度と安定感、さらに実感を高めます。

○SWS06-M04 機銃セット(マスターモデル社製挽き物パーツ)
主翼内機銃「MG 151/20」&シュラウド×2セット、胴体下ガンパック用「MG 151/20」&シュラウド×4セット、シュレーゲムジーク(後部斜め銃)「MK 108」×2。
「闇夜の狩人」が持つ主要武装を網羅! もはや定番アイテムと呼ばれる挽き物銃身は、シャープさ、精度ともにMaster Model社の真骨頂!

○SWS06-M05 アンテナセット(マスターモデル社製挽き物パーツ)
機種「FuG 212リヒテンシュタインC-1」アンテナ、機種「FuG 220リヒテンシュタインSN-2b」アンテナ胴体下「FuG 25a」アンテナ、尾部トレーリングアンテナ、主脚シリンダー×4(左右2本ずつ使用)、ピトー管。
もはや職人芸とも言えるMaster Model社ならではのシャープな金属パーツにご注目!

○SWS06-M06 インテリアセット(エデュアルド社製エッチングパーツ)
大人気!エデュアルド得意のカラーエッチングの計器盤はもはや必須のアフターパーツです!
前後席計器盤、サイドコンソール、フットペダル、シートベルトなど、パイロットの仕事場であるコックピット内部を、さらに詳細にデコレートするならコチラがおすすめです。

○SWS06-M07 フレームセット(エデュアルド社製エッチングパーツ)
双発のエンジンナセルを抱える長大な主翼は、SWSキットならではの主桁構造でしっかりと角度を保持!
もしあなたがスケルトンモデルで組み立てるなら、主要な内部構造であるウィングスパー、ガンパック内フレーム、機種装甲板を含む、このフレームセットがおすすめです!

○SWS06-M08 アクセスパネルセット(エデュアルド社製エッチングパーツ)
SWSキットを組み上げるなら、せっかくの内部構造が見えなくなるのはもったいない!
そうお考えのあなたの一番おすすめなのは、各種アクセスハッチが詳細なエッチングで再現された、このアクセスパネルセットがおすすめです!ハッチパネルの向こう側に垣間見える実機さながらの内部構造がSWSの醍醐味!

○SWS06-M09 MG 151セット(MDC社製挽き物&レジンパーツ)
挽き物製銃身×6、レジン製銃本体×6。
主翼&胴体下ガンパック搭載機銃「MG 151/20」をディティールアップするならコチラ!ドイツ空軍で最もポピュラーな装備を詳細に再現。
「本物の飛行機」の再現を目指すSWSキットのウーフーをさらにデコレートするだけでなく、他のドイツ機にもぜひご利用くださいませ。

○SWS06-M10 MK 108セット(MDC社製挽き物&レジンパーツ)
挽き物製銃身×6、レジン製銃本体×6。
胴体下ガンパックに「MK 108/30」4門搭載の計画機を再現するならコチラ!残った2門は後部斜め銃としても使えます。
「MG 151」セットと合わせて使えば、ウーフーの主武装をほぼすべて網羅可能です!
さらに、SWS第2弾「Ta 152 H-1」のモーターカノン×1や、Me 262の機首搭載銃×4としても使用可能なお得なセットです。

○SWS06-M11 MK 103セット(MDC社製挽き物&レジンパーツ)
挽き物製銃身×4、レジン製銃本体×4。
文字情報としてのみ存在が確認されている、ガンパックへ「MK 103/30」を搭載する夢の計画機を実現!
Do 335のモーターカノン×1としても使用可能ですが…、今のところ1/32のキットが存在しないので、まさに夢の装備といえるでしょう?!

○SWS06-F01 通常飛行姿勢パイロット(VS/VIP会員限定、レジン製)
パイロット×1体。
予約特典フィギュアを見逃してしまったあなたのご朗報!VS/VIP会員様向けの限定パイロットフィギュアが、なんと?!今でしたら非会員様でもご予約可能です!
マスターボックス社製の詳細かつ表情豊かなで、使い勝手の良い着座パイロットをぜひお見逃しなく!

○SWS06-F02 バレルクリーニングセット(レジン製)
整備兵×2体、MG 151バレルパーツ×1、シート・バケツ・工具入れなど小物付きベース付属。
本土防衛の英雄たちの活躍を願い、MG 151のバレルを抱えて丁寧にメンテナンスする整備兵たち。
活き活きとした表情のフィギュアに加え、シートやバケツ、工具入れなどの小物一式が付属したベース付きなので豊富な武装が特徴的な最強の双発夜間戦闘機ウーフーならではの情景が再現可能です!

○SWS06-F03 エンジン整備風景セット(レジン製)
整備兵×2体、エンジン技師×1体、エンジン1基付き、土台付きベース付属。
熾烈な夜間戦闘において、レーダー性能だけでなく、戦闘機としての高性能を発揮させ、ウーフーを最強の双発夜戦たらしめた心臓部「DB 603A」エンジンを取り外し、念入りにメンテナンスする整備兵と技師たちを活き活きと表現!

○SWS06-F04 戦法戦術ミーティングセット(レジン製)
パイロット×1体、航法士×1体、ベース付属。
闇夜の防空戦を制するには、持ち前のレーダー装置や航法テクニックだけでなく、地上管制舞台との連携が必須。敵爆撃機部隊の予測飛行経路を確認し、自軍のレーダー包囲網や、迎撃までの空路の安全を確かめるパイロットと整備兵を緊張感たっぷりに立体化!

○SWS06-F05 英雄の帰還セット(レジン製)
パイロット×1体、後方レーダー手×1体、整備兵×1体。
ウーフーがその生産事情に恵まれなかった稀少な機体でありながらも、数多のエースパイロットを輩出し続けたのは、なんといってもその夜間戦闘への出撃回数の多さのためでもあります。
夜戦での勝利を収め、次なる出撃に向けてひと時の休息を得るため帰還した撃墜王と、それを出迎える整備兵が活き活きと再現されています。

○SWS06-F06 後方レーダー手(VS/VIP会員限定、レジン製)
後方レーダー手×1体。
闇夜を忍び寄り、頭上の敵爆撃機をレーダーで確実に補足する後部座席の通信兵を見事再現!
予約特典フィギュアを見逃してしまったあなたのご朗報!VS/VIP会員様向けの限定レーダー手フィギュアが、なんと?!今でしたら非会員様でもご予約可能です!

次回のこのブログでは、いよいよSWSウーフーの発売直前情報として、機体構造の組み立て、その他をお届けいたします。

春から初夏にかけては季節の変わり目です。
昼夜、寒暖の差による体調不良にはくれぐれもご注意の上、どうか楽しいホビーライフを楽しんでくださいね。

ではまた次のこのブログで。

造形村 オヤジ 重田英行

↓↓ 下記メッセージ送信フォームよりドシドシお送りください ↓↓

 


― オヤジブログ バックナンバー ―

 

株式会社 造形村