オヤジブログNo.061 Ho 229 ホルテン編 第八話 オヤジの七つ道具をご紹介します!!

もっとプラモを気軽に作ってみませんか?

みなさんこんにちは!

山々の紅葉も進み、美しい晩秋の候となりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

おっと!今まさにあなたは、SWSホルテンの工作に忙しいですって!?

それはそれはありがとうございます。

どうですか? SWSホルテンのことですから、きっとあなたの模型人生に強烈な印象と、得たこともない体験を与えているでしょうね。
どうか慌てず焦らず、ホルテンの機体構造からその秘密めいたメカニズムまでを、ゆっくりとそして心ゆくまで楽しんでくださいね。

今日のこのブログでは、私が日頃プラスチック模型の工作に愛用している「七つ道具」(日本では愛用の道具などを指す場合このように表現します)をご紹介してみましょう。

日本の、私と同年配の皆様なら、さして珍しいモノなども無いでしょうが、もしかしたら、海外のファンには見たことも無い、いや目新しく映るものが有るかもしれませんね。

いずれの道具や工具、用品も造形村から発売をされていますので興味のある方は、ぜひお試しください。

またこれらの道具の紹介の前に、造形村SWSキットを発売しているボークス店舗のウィンドウの展示用として、かの名手小林さんが丹精してくれた最新のSWSホルテン機をご紹介しましょう。

透明状態と、塗装再現の両方を楽しんでしまえるという、素敵なホルテンが完成です。

この作品は現在、東京の秋葉原にあるラジオ会館8階のボークスホビースクエア店のショーウィンドウに飾られています。

お近くの方は、ぜひ現物を間近で見ていただければ、その再現性と巧みな工作手法、そして陳列状態の見事さを、ご自身の目で確かめていただけますぞ。


これが名手「小林直樹」 の最新SWSホルテンだっ!!

■迷彩と透明のコントラストに目が釘付けに!
その両方が見事に融合したホルテンの完成度にご注目を!
なにしろこの名手小林さん。もうかれこれSWSホルテンの製作機数は、二桁を越えるのではないかと思えるほど。
目をつぶっていても組み立てられるのではないか?とは、周囲の声ですから驚きます。

■この透明度には訳が有ります!
そうなんです。ホルテンのキットを所有の皆様にはもうお判りかと思いますが、なんと小林さん。コンパウンドで磨くこと半日。とうとう、ホルテンの翼がまるでガラス製で出来たかのようなこの透明度を達成させてくれました。

どうでしょう。皆さんも挑戦してみませんか。磨けば磨くほど苦労して工作塗装した内部構造がここまでハッキリと見えるようになりますから。

■しかも要所要所はしっかりとした考証で塗装表現されています。
巨大な前車輪とその降着装置。 ジェットエンジン本体とその排気口の排煙汚れなども実感タップリです。
おっと機体後部にクシ状に見えているエアーブレーキのデザインもホルテンの先進性が垣間見えますね。


これがオヤジの相棒、プラモ工作の七つ道具だ!

■なあ~んだ、私のと同じ物ばかりじゃあないか!
と、そううなずかれたあなたは相当な工作マニヤですな。

そうです。これが私、オヤジのプラモ工作の七つ道具です。
どれもこれも言わば一生モノ。もう相当以前から、私の手指となって活躍してくれている道具や工具達ばかりです。
まだまだ写真の他にもいろいろと有りますが、ま、いつものメンバー達、代表選手ということで紹介をいたします。

では一つづつ、案内と解説をして行きましょう。

■切り出し用ニッパー(金工用ニッパー)

太いランナーの切断、また大きなパーツの切り出しや切断専用に使用している金工用のニッパーです。
こいつなら銅線や針金なども気兼ねなく切断に使えます。酷使にも良く耐えてくれる可愛い奴です。

頑丈な金工用ニッパーが一丁あれば安心して切断加工が楽しめます。

■造形村 パーツ切り出し専用ニッパー(プラモ用)日本製

 本体の長さ18センチ、幅9センチ

キットのパーツをランナーから切り出す専用のニッパーです。
繊細なパーツの湯口に刃を当てて、柔らかく工作することで、驚くような切れ味と美しい切り口でパーツをランナーから切り出せます。

但し、間違ってもこのニッパーで太いランナーや金属、紙や木を切断しようとしてはいけません!! 一発でお釈迦になってしまいます。
写真のように、くれぐれもこの子はパーツの切り出し専用に使用してくださいね。

※切れ止んできたら、砥石で何度でも研ぎ直す事が出来ます。

■プラモ用成形刀です。(鍛造仕上げによる打ち刃物)日本製

 本体の長さ約18センチ(刃の幅9㎜、刃は約9㎝内蔵)

刃物用の鋼鉄と柔らかい鉄を鍛造という、日本刀と同じ製法技術で作られた、日本古来の優れた成形刀です。
刃の付いた面が片刃となっているために、90°に仕上げたいパーツの整形や加工にも驚くほど正確に工作が出来ます。
また刃の角度も自分流に自由に砥石で研ぎ上げる事が出来、大きなパーツから微細なパーツまで、楽しく加工が出来ます。一度この成形刀に馴れたら、もう他の工作用ナイフは使えなくなるほど素晴らしい使い心地です。

刃の長さは約9㎝。大部分は木製の本体の中にあり、研ぎ上げて行くことにより、木製部分は切りだして小さくなって使用して行きます。
ちなみに私のこの成形刀は、ほぼ20年ほども愛用しているものです。
(本来は木像物を作るときに使用する小刀ですから良い物ですよ。)

※切れ止んできたら、砥石で何度でも研ぎ直す事が出来ます。

■プラモ用カンナ(部品整形用スクレイパー)日本製

 本体の長さ約19センチ、幅8㎜

パーツに当ててスライドさせることで、まるで木工用工具のカンナのような切れ味と切りくずが出るところから、私が名付けた工具です。
これも刃には鋼鉄、身には柔らかい鉄を使用して、鍛造という技法で製作されています。ほら、パーツ表面が美しく加工出来る上に、切り出したくずがまるでカンナを当てて切り出されたカンナくずそのものでしょ。

※切れ止んできたら、砥石で何度でも研ぎ直す事が出来ます。

■ダイヤモンドやすり(金属加工用をプラ用として使用)日本製

 本体の長さ約19センチ ダイヤモンド塗布タイプ金工用やすり。

すぐに目詰まりして、切れ味が止んでしまう鉄鋼用の鉄製ヤスリに比べ、驚くほど長期間(私の場合は約10年以上)使用出来る優れたやすりがこのダイヤモンドやすりです。
プラの削りカスで目詰まりしてもトルエンなどの溶剤に浸すことで、すぐに再使用が可能なのも嬉しいですね。
すごい性能に感心してしまいます。

■ピンセット(医療用ステンレスピンセット)

 長さ約13センチ、硬質ステンレス仕様、手作り品(日本製)

一度この使用感に触れたら、もう他のピンセットは使えません。
先端の微妙な曲り具合がとても使いやすく、これほど手指に自然に馴染んでくれるピンセットを私は他に知りません。
オヤジが自信を持ってお薦めする最高の逸品です。
残念ながらこのピンセットを作ってくださっていた小山さんという職人さんが先年、惜しくも亡くなってしまい、もう私達の店に残っている物が最後の在庫となりました。
まだ今なら間に合います。 一生物のピンセットとしてぜひご愛用をお薦めします。きっと驚きますよ!!

■ブタ毛の歯ブラシ(ゴミ取り用ブラシ)

何処にでもある歯ブラシですが、私は使用感が柔らかく、パーツに優しい、このブタ毛の物を愛用しています。
ヤスリ掛けの後にも、またカンナがけの後にも、気になる細かなプラくずが綺麗に除去できます。
だからいつも気持ち良く工作を進めることが出来ます。

■各種ピンバイス(穴開け用工具)

0.5㎜くらいから、1.5㎜~2㎜くらいまでの穴開け加工時に多用するピンバイスです。
私は5本ほどをドリル刃のサイズに合わせて常備しています。
工具の尾部が回転するのでとても扱いが楽です。

■各種瞬間接着剤

これはもう皆さんと同じ用途に使用します。私は3種類を常備して使用しています。
●さらさらタイプ ●どろどろタイプ ●盛り上げタイプと、用途に合わせて使用しています。
写真は造形村発売の盛り上げタイプです。

■透明パーツ用接着剤

SWSホルテンの透明パーツを美しく、かつ強力に接着できるのがこの接着剤です。これからのSWSキットの工作には欠かせない用品ですね。 まだまだ透明パーツキットが開発されて出てきますぞ!

■プラ用各種接着剤

赤いキャップは一般的な部品接着用。緑のキャップは流し込みタイプの接着剤です。
部分、用途に合わせて使い分けています。

また接着剤の右横にあるのは耐水ペーパーです。 パーツの整形に多用出来る380番、400番位を常備して使用しています。 塗装の下地加工や磨き用にはもっと細かな番手を使用しますのでお間違いの無きように。

■工作用ベース(パーツ加工用台、もう一つの自分の手指)

 長さ約18センチ、高さ約13センチ、幅約5センチ(加工台本体)

私が自分用に作成して、長年使用していた物を、このたび英国の木製ベース製作者であるゴードン ウエルズさんに作ってもらった物がいよいよお届け出来ることになりました。
パーツを整形する場合、手に持ってヤスリ掛けなどをすると、どうしても削りすぎたり、ゆがみや角度違いの整形になってしまうことが多いもの。
この工作用ベースがあれば、まるでもう一つ自分の手指が有るかのように快適に工作が進みます。
まるで相棒のような存在になりますぞ! ぜひお試しください!

さあ、今回の「オヤジのプラモ工作用七つ道具」のご紹介はいかがだったでしょう。

このブログで紹介の品物は、ボークス各店舗または通販隊(TEL:0771-68-1141)、
ボークスウェブストアで入手することが出来ます。

また実際に手にとって検討してみたい方は、ぜひお近くのボークス店舗・工具用品売り場にて、スタッフまでお気軽にお声を掛けてみてください。

お待ちしております。

それではまたいつの日か。それまで健やかな毎日をお過ごしくださいね。

造形村 代表 重田英行

ありがとう!! テルホードの造形村ブースはとても幸せでした!!!

■2014年IPMSテルホード会場では造形村ブースに沢山のプレゼントをいただきありがとうございました!

わ~~~い!! おみやげだ~い!

ご覧のように、造形村スタッフが持ち帰った皆様からのプレゼントは、ボークス本社の社員みんなで楽しく頂きました。

クッキー、チョコレート、キャンディーは特に大人気でした!!
勿論、ウォッカ、ウィスキー、ブランデーは、私と家内で楽しませていただきましたぞ。 美味しかったです!

みんなのこの嬉しそうな顔が全てを物語っています~~!!

ありがとうございました!!

↓↓ 下記メッセージ送信フォームよりドシドシお送りください ↓↓

 


◆SWS 1/32 Ho 229 ホルテン  価格 ¥ 13,800(税別)製品詳細ページはコチラ

2014年10月25日より、全国のボークスショールーム、ホビースクエア、通販隊(0771-68-1141)、ホビー天国ウェブ(ウェブストア)にて販売中!!

●ウェブサイトでのご購入はコチラから → [ ホビー天国ウェブ ]


SWSフレンドショップ一覧

SWSフレンドショップリストはこちら →



― オヤジブログ バックナンバー ―

 

株式会社 造形村