オヤジブログNo.058 Ho 229 ホルテン編 第六話

SWSホルテン ついに大空に羽ばたく!!

造形村が渾身の力を込めて開発し、発売したSWSホルテンは、もうあなたのお手元に届いていますでしょうか!

いかがでしょう!?
ドイツ空軍最後の切り札ホルテンキットのできばえは。

例によってSWSキット開発の理念に沿って、ホルテンの骨格からメカニズム。
コックピットの詳細からエンジン、ランディングギアの各部まで、もうこれ以上は無理!
と、あふれ出るようなホルテンの魅力とそのユニークな機体構造を余すところ無く再現しておりますぞ。

まさに32スケールキットぎりぎりのところまで迫りに迫ったこのキットこそは、必ずやあなたのモデラー魂を揺り起こさずにはおきません。

むさぼるように工作に没頭する!

きっとSWSのホルテンが、ついにはあなたのホルテンになることでしょう。

「久々に本物を見た!」

そんな声が世界中の航空機モデラーの中から聞こえてきそうです。

まだ様子見を決め込んでいるあなたにもぜひコレクションをしていただきたい、それが模型世界の革命児SWSホルテンキットです!!

おっと失礼!!
ひょっとしたらもうすっかり完成した怪鳥があなたの机の上に翼を休めているかもしれませんね。


■SWSホルテンキットの開発から製作の解説。そして一流モデラーによる興味有るレビュー記事まで、例によって懇切丁寧をモットーに造形村がホルテンキットを余すところ無く解剖の上、解説。
あなたの工作机の上にこそ相応しい内容に仕上がりました!

◆造形村コンセプトノート SWS No.VII Ho 229  価格 ¥ 2,500(税別)
2014年10月25日より、全国のボークスショールーム、ホビースクエア、通販隊(0771-68-1141)、ホビー天国ウェブ(ウェブストア)にて販売中!!

●ウェブサイトでのご購入はコチラから → [ ホビー天国ウェブ ]

SWSキットを語るとき、この一連のシリーズに沿って編集発行されてきた「SWSキット攻略本」の存在を忘れるわけにはゆきません。
もうあなたご自慢の資料書庫にも一冊や二冊、いやそれどころか震電からTa 152、マスタング、スカイレイダー、ウーフー、そして雷電まで、全てのSWS攻略本を揃えてくださっている人が居るかもしれませんね。

ここで世界中のSWSキット攻略本コレクターのみなさまへ改めて御礼を申し上げます。

ありがとうございます!!

これからもSWSキットと攻略本をよろしく~~!!

今回のホルテン攻略本もまた、スミソニアン航空機博物館での全面協力を得て、実機取材の写真をふんだんに使用。
実機の開発から説き起こして徹底解説を断行。
またキットの製作レビュー記事では造形村を代表して「小林直樹」さん、英国からは「ラドゥー」さん、そしてドイツからも「トーマス」さんら一流の腕前を持つモデラーが詳細かつ丁寧なレビューに挑戦です!

どうです皆さん!!
3機3様に、いやはや実に名人モデラーならではの素晴らしいホルテン3機を見事に現代に蘇らせてくれました。

名人3名ならではの技術と表現力がここまでSWSキットの実態を浮かび上がらせてくれました。

造形村が丹精を込めて作ったほやほやのホルテンキットから、まるでめまいがしそうに複雑で入り組んだパイプフレームを組み上げ、その中にユモエンジン2基を巧妙に孕ませているという、実に不思議な怪鳥としてのホルテンを嫌と言うほど丁寧に見せてくれています。

でも実はその工作の方はと言うと、意外とシンプルで楽ちんだった。

と、皆さんが認めていますから、どうぞ安心してくださいね。

かく申す、私にだってあっという間に組立が出来てしまいましたから。

でも、まずは攻略本でSWSホルテンキットを確かめてみたい。

勿論、そんな方も大歓迎です。

焦らず慌てず、じっくり東洋、日本の造形村なる得体の知れない新参プラモメーカーが作ったホルテンキットの実力を見てやろうぜ。

てな感じでお気軽にどうぞ。

そして私の夢をご一緒に楽しんで頂けたら、望外の幸せです。


■見よ! 名手「小林直樹」氏によるこのホルテンの勇姿を!
SWS震電からこのホルテンまで、なんと全てのキットの完成作品を一手に担当。文字通りSWSキットの伝説的名手がこの人だ。このホルテンにおいても、試作品から発売品まですでに6機もの工作を担当、そして完成。
文字通り開発担当の我々同様、SWSキットの生みの親の一人です。

尚、小林さんのホルテン完成作品は現在、東京 秋葉原ラジオ会館8階の ボークスホビースクエア秋葉原、スケールモデル売り場のショーウィンドウに陳列されています。お近くの方はぜひご鑑賞くださいね。

更に11月8、9日に開催の英国IPMSテルフォード会場、造形村ブースにおいても持参、展示致します。
ご来場の皆様お楽しみに!!

※グリーン迷彩塗装も、また透明外装の完成作品とも、小林さんの手になるモノです。
 素晴らしいフィニッシュに声も出ませんぞ!

■英国からも「ラドゥー ブリンザン」氏が参戦!
ご覧の通り、ラドゥーさんならではの繊細にして剛胆、ホルテンの魅力を隅々まで再現し尽くした作品が見事です。 ラドゥーさんとはかの英国のIPMSテルフォードでお目にかかり、以来ずっとSWSの協力者として私達にさまざまな助言やアイデアを頂く仲となりました。
「ホルテンのレビュー記事をぜひ自分に書かせて欲しい!」
その強烈な売り込みも納得の素晴らしいホルテンの再現に拍手です!

そのラドゥーさん。先年奥様と一緒に来日もされて、すっかり日本の魅力にも理解があります。
またこの写真のホルテンの実物は11月8日、9日英国テルフォードにて開催されるIPMS会場、ラドゥーさんのブースに展示される予定です。
息をのむほど素晴らしいホルテンの仕上がりにご期待ください。また工作上のコツや秘訣、その他苦労話など、ご本人から聞いて見てください。

■そしてホルテンの母国、ドイツからは「トーマス メイヤー」氏が!
本場ドイツ仕込みならではの感性と技術、そして愛情が生み出した見事なホルテンが解説、完成してきました。
ほら!このグレイの迷彩がなんとも斬新ではないですか!!
実はこのトーマスさんともIPMSテルフォードの会場にて奥様ハイディさんと共にお目にかかり、その後、ずっとドイツ機の開発ではお世話になっています。実機の機体に書かれている注意書きなど、難解なドイツ語の意味や 読み方、その他記入例などなど、トーマスさんの助言がSWSドイツ機キットのデカールの製作に活かされています。

トーマスさんの完成作品の実物は、ドイツの各地で開催されるホビー作品展などで見られるそうです。
ドイツにお住まいのみなさん、ぜひ探してみて、その素晴らしいホルテンに賞賛の声をかけてくださいね。
質問にも気軽に応えてくださるそうです。お楽しみに!


11月8、9日 の二日間!
造形村は今年のIPMSテルフォードにも参加しまぁ~す!!

※画像は去年のテルフォード会場の様子です。

モデラーの祭典それは「IPMSテルフォード」。
全世界の航空機モデラーが今、最高に注目するSWS32ホルテンがついにこの会場にて発売になりますぞ!!
ほんとNEWSです!!

なんと言っても今年の造形村ブースの大注目はこの32 Ho 229 ホルテンの発売が目玉なんですから! ずっしり中身の詰まった本格派のための本格派ホルテンがSWSという、得体の知れない造形村というメーカーのプラキットで本当に買えてしまうのですから、これはもう事件ですぞ!!

ここは奥様にブラフをかましてでも絶対に見逃さないでくだされよ先輩!!

但し、持ち込めるホルテンキットの個数には限りがあります。
そこはまだまだ非力な造形村をどうか許してやってくだされい!

何しろその箱がデカイのです!

そして生まれてこの方、ずっとホルテンに興味のあるあなた
 うかつにもホルテンに恋をしてしまったご同輩のあなた。
 何が何でもホルテンで毎日が過ぎて行くあなた、あなた!!

あ な た!

悪いことは申しません! 朝一番!! 開門のその瞬間のダッシュこそが勝敗を決めるのですぞ!!
ここで男は勝たねばなりませんぞ!

なぬ!もう年ですと!

なんの、67才のこの私でさえ、このホルテンのためなら戦車に乗ってでもそこを一番で突破しますぞ~~!

何卒お早めに、いや、いの一番に造形村ブースにだけ、どうかお急ぎくださいますよう心からお願いいたします。

何時ものように
「なあに、プラモなんて量産商品さ、いつでも買えるじゃあないか、慌てない慌てない!!」

と、余裕で会場内を徘徊。開場当日どころか、翌日の午後あたりになって
「あれって有る? ええ~~!? もう売り切れたの~!!」
などという豪快で残念な人が毎回出現してしまうのです!

今回だけはそんな人を出さないために、前もってのご予約も取らずに準備をしてきたのです。

見事!このクリスマスを32ホルテンと過ごせる幸福なあなたに乾杯です!

どうか頑張ってくださいね!!

ではまた次回のオヤジブログにてお会いいたしましょう!

それまで皆さんお元気で!

造形村 代表 重田英行

↓↓ 下記メッセージ送信フォームよりドシドシお送りください ↓↓

 


◆SWS 1/32 Ho 229 ホルテン  価格 ¥ 13,800(税別)製品詳細ページはコチラ

2014年10月25日より、全国のボークスショールーム、ホビースクエア、通販隊(0771-68-1141)、ホビー天国ウェブ(ウェブストア)にて販売中!!

●ウェブサイトでのご購入はコチラから → [ ホビー天国ウェブ ]


SWSフレンドショップ一覧

SWSフレンドショップリストはこちら →



― オヤジブログ バックナンバー ―

 

株式会社 造形村